Search Consoleに登録して最適化

検索結果で自サイトの表示を最適化するために、Google Search Consoleを利用することをおすすめします。以前までは、ウェブマスターツールという名称でしたが、2015年5月から「Google Search Console」へと変更になりました。

グーグルアカウントがあれば、無料で利用することができます。
Google Search Console

このツールに登録していなくても検索結果では表示されるようにはなりますが、サイトマップの送信やエラーの把握がしやすくなるため、できるだけ利用しておいた方がよいと思います。このGoogle Search Consoleとアクセス解析のグーグルアナリティクスは、無料で利用できるわりに高機能なツールですのでサイト運営者には必須のツールといえるでしょう。

Search Consoleへのサイトの登録方法

サイトを登録する際は「プロパティを追加」からサイトのURLを登録します。

プロパティを追加

この際、サイトの所有権を確認する必要があるため、用意されているいずれかの方法を選択して確認します。

所有権の確認

もし、アクセス解析のアナリティクスを使用していれば簡単に確認できます。

所有権の確認がすめば、ツールを利用できるようになります。

ちなみに、wwwあり・なしのそれぞれのパターンを別のサイトとして登録する必要があります。つまり、この場合は「2サイト分」を登録することになります。

wwwあり・なしの登録

また、wwwあり・なしで使用するURLをどちらかに統一する際は、右上の歯車のアイコンの箇所にある「サイトの設定」から使用するドメインを指定します。

使用するドメインの指定

加えて、SSL対応でhttps化している場合も、「httpsのあり・なし」と「wwwのあり・なし」でそれぞれのパターンを別々のサイトとして登録する必要があります。

この場合、管理画面に「4サイト分」を登録することになりますが、wwwあり・なしのどちらかを指定する設定はあるものの、httpsに統一するというような設定はありませんので、wwwのあり・なしの指定だけしておけばOKです。

確認が済んだら、最初に、管理ツールからサイトマップの送信をしておくことをおすすめします。

サイトマップの送信

データが反映されるまでに時間がかかりますが、時間をあけてアクセスすると反映されているはずです。ほか、クロールのエラーなどがあればチェックしておくとよいでしょう。

これらのサイトマップの送信はrobots.txtで指定することもできますが、なかなか認識してくれないケースが多いので、このGoogle Search Consoleを利用した方がより確実です。

CTRが低いページを修正して最適化

しばらくするとデータが反映されますので、「検索トラフィック - 検索アナリティクス」の箇所から、サイトに流入するアクセスのクエリや掲載順位を確認しておくことをおすすめします。

クエリと掲載順位

このうち、「クエリ(query)」というのは、クエスチョン(question)的な意味合いのもので、検索エンジンに疑問を質問するとか問い合わせをするというニュアンスになります。つまり、検索されたキーワードのことを指しています。

「表示回数」については、キーワードの月間検索回数ではなく、あくまで自サイトが検索結果で何回表示されたかを表す数字になります。たとえ検索回数の多いキーワードであったとしても、自サイトの掲載順位が2ページ目以降なら表示回数が少なくなっているかもしれません。

また、「CTR」というのは検索結果で自サイトが表示された際のクリック率のことです。

CTRの確認

もし、掲載順位が高いにも関わらず、このCTRが低い場合、検索結果に表示される自サイトのページのタイトルmetaタグの説明文が分かりにくくなっていたり、検索者の意図にマッチしていない可能性があります。なので、タイトルや説明文を修正したり、そのページのコンテンツを充実させることにより、アクセスアップにつながるかもしれません。

特に、表示回数が多いクエリについては重点的にチェックしておくとよいでしょう。

SEO対策でアクセスアップへ戻る