タイトルタグのキーワードを最適化

作成したページの「タイトルタグ」を最適化してSEO対策しましょう。

タイトルタグは検索結果にも表示されますし、他サイトからリンクされる際や内部リンクのアンカーテキストとして選択されることも多いので、コンテンツ内容に合ったキーワードを盛り込むことをおすすめします。

例えば、このページでいいますと、もし他サイトから参照される際は「タイトルタグのキーワードを最適化」の文言でリンクされることが多くなるはずです。
そして、このリンクには「タイトルタグ」や「最適化」といった文字列が含まれているため、これらのキーワードで検索された際にヒットしやすくなります。

このタイトルタグというのは、htmlのheadタグ内に記述されている、<title></title>で囲まれた部分が該当します。

例えば、当サイトの「タイトルタグ」はこの箇所で指定しています。

当サイトのタイトルタグ

このタイトルタグに記述した内容は、ブラウザではこのように表示されます。

ブラウザ上での表示

また、グーグルやヤフーの検索結果ではこうなります。

検索結果での表示

タイトルタグと見出しh1タグの関連性

加えて、必ずしも一致させる必要はありませんが、見出しとなる「h1タグ」についても、タイトルタグと同一に設定しているホームページが多いです。

h1タグとの関係

けれども、このh1タグについては厳密に一致させる必要はありません。

例えば、楽天の場合、タイトルタグとh1タグは以下のようになっています。

<title>【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ</title>

<h1 class="header-logo">楽天市場</h1>

概ね、タイトルタグは検索キーワードも含めて長めに、h1タグはロゴで表示しているケースもありますが、サイト名のみで短めに設定しているケースが多いようです。

けれども、特定のキーワードで検索された際、このタイトルタグ内にキーワードが入っていないと検索結果には表示されにくい傾向がありますので、検索でヒットしてほしいキーワードはタイトルタグ内に必ず記述するようにしましょう。

また、キーワードは最初の左の方が重要視されるので、できるだけ重要なキーワードをタグ内の左側にもっていくことをおすすめします。

オリジナリティーあふれる個性的なタイトル名をつけましょう

無関係なキーワードを盛り込むと、その分、SEO対策的には関連性が薄くなってしまうので、できるだけ関係ないものは使用するべきではありませんが、かといってメインキーワードオンリーだけというのも個性がありません。

検索エンジンはオリジナリティーのないサイトを嫌いますので、タイトルについてもできるだけ独自性を出すことをおすすめします。

たとえば、キャッシング比較などのキーワードで検索してみると、同じようなタイトルのホームページがズラリと並んでおり、検索者にとってはどれがどれだか迷ってしまうことになります。

あるいは、山田太郎さんのホームページに訪問したいとして、「山田」で検索してもいろんな山田さんがいて、太郎さんのホームページがどれだか分からなくなってしまいます。

そのような意味で、検索結果に表示された際、他サイトと自サイトの識別ができ、一義的に決まるような個性的なキーワードも同時に含ませることをおすすめします。

例えば、「掲示板」のキーワードでいいますと、「2ちゃんねる掲示板」のような形になります。

この場合、「掲示板」のキーワードで検索した際にヒットしつつも、「2ちゃんねる」の固有名詞で他サイトとの識別ができるようになります。再度、そのサイトに訪問したい場合、「掲示板」ではなく、「2ちゃんねる」や「2」で検索すれば1発でヒットしますので、どれがどれだか迷ってしまうことはありません。

そのような100%確実にヒットするような、オリジナルなキーワードも合わせて含ませておくとユーザビリティーの向上につながります。

ちなみに、このオリジナルキーワードについては競合するサイトがいないため、特にSEO対策をしなくても自然と上位に表示されるはずです。オンリーワンなら、検索結果でもナンバーワンになりますので、検索エンジン対策は競合キーワードに絞って行うとよいでしょう。

同じように、個別ページについても、そのページでヒットしてほしいキーワードをタイトルタグに盛り込むようにして作成していきますが、検索エンジン側のクセもあるので注意が必要です。

個別ページにおけるタイトルタグの作り方

個別ページでのタイトルタグの作り方には複数のパターンが存在します。概ね、h1やh2タグとの組み合わせによって以下のようなパターンが多いです。


パターン①

<title>個別ページタイトル名 - サイト名</title>

<div>サイト名</div>

<h1>個別ページタイトル名</h1>

→ このパターンはホームページに多い傾向があります。


パターン②

<title>個別ページタイトル名 - サイト名</title>

<h1>サイト名</h1>

<h2>個別ページタイトル名</h2>

→ このパターンは自動でhtmlが出力される無料ブログに多い傾向があります。


パターン③

<title>個別ページタイトル名</title>

<div>サイト名</div>

<h1>個別ページタイトル名</h1>

→ 当サイトはこれで作ってます。


他にも、サイト名が左側の先頭になっていたり、ハイフンではなく縦線が使われているなど、微妙に違っているケースもあります。

<title>サイト名 - 個別ページタイトル名</title>
<title>個別ページタイトル名│サイト名</title>

これらのうちどれがいいのかというと、当サイトでは「パターン①」をおすすめしております。

例えば、以下のような個別ページがあったとします。

<title>日経平均株価10万円を突破 - Yahooニュース</title>

<div>Yahooニュース</div>

<h1>日経平均株価10万円を突破</h1>

この場合、一番重要性が高いのは記事の見出し部分になりますので、サイト名の「Yahooニュース」には特に重要性がありません。なので、記事の見出しを「h1」で囲み、タイトルタグ内でも左側の最初の方に記述するやり方になります。一方で、サイト名にはh1やh2の見出しタグを付けず、タイトルタグ内でも後ろの方に記述します。

つまり、「タイトルタグの最初の部分」と「h1タグ」は重要性が高く、相対的に重み付けがなされるため、他のページとの違いがわかるように、個別ページ固有の内容を重要な箇所に記述するというやり方です。

このように作ることで、検索エンジン側でも他のページとの違いを明確に把握することができるようになり、個別ページがヒットしやすくなる傾向があります。

個別ページにて検索エンジンがサイト名を補完するケース

注意したい点としましては、当サイトのように「個別ページ名のみ」でサイト名を省略して作成している場合、検索エンジン側で勝手に「 - サイト名」を補完してしまうという点です。

例えば、以下のようにタイトルタグを記述していたページがあったとします。

<title>個別ページのファイル名の付け方</title>

けれども、実際の検索結果では以下のように表示されています。

サイト名が補完される例

パターン①のように、サイト名も省略せずに記述している場合はこのようにはなりませんが、パターン③のように「個別ページ名のみ」で記述している場合は、検索エンジン側でかってにサイト名を補ってしまうこともあります。

この場合はこれでもよいのですが、なかには以下のように、サイト名がおかしな状態で認識されてしまうケースもあります。

サイト名が「トップ」の例

これはつまり、サイト名が「トップ」として認識されているわけですが、ぱんくずリストなどに設置された内部リンクの「トップ」などのアンカーテキストが影響することもあります。通常の場合、内部リンクで「トップ」や「ホーム」などの記述がされていたとしても、影響することはありませんが、たまにこのようになるケースもあります。

なので、当サイトでは省略せずに、「 - サイト名」まで含めた形で作成しておくことをおすすめしております。

SEO対策でアクセスアップへ戻る