コアサーバーやXREAのドメイン設定方法

バリュードメインのレンタルサーバーにはコアサーバーXREAなどがありますが、他社と比較するとサーバーの設定方法が複雑です。ネームサーバーやDNS設定、ドメインのwwwあり・なし設定は以下の手順を参考にされるとよいでしょう。

ここではコアサーバーを例に、ネームサーバーやドメインのwwwあり・なしの設定方法をご紹介していますが、XREAやVALUE-SERVERでもほぼ同じ手順で設定できます。

ドメインのネームサーバーやDNSの設定

こちらはサーバー側ではなく、ドメインの取得事業者側で設定する項目になります。

ネームサーバーを設定する

ドメインの管理がバリュードメインの場合

バリュードメインで取得した場合でも、登録したレジストラが「eNom」や「GMO」などによって違いがあります。

レジストラの種類

例えば、「eNom」の場合、「当サービス標準のネームサーバー(eNom)」で設定しておけばよいでしょう。

eNom ネームサーバー

最近はレジストラを「GMO」で取得されるケースも多くなってきているようです。

ドメインの管理がムームーやFC2など他社の場合

バリュードメインの無料ネームサーバーにて、他社管理のドメイン名を登録します。

他社管理のドメインを登録

登録が完了したら、ムームーやFC2ドメインの管理画面に戻ってネームサーバーを設定します。
設定するネームサーバーについてはこちらの下部をご参照ください。
ネームサーバーの設定

現在、上記ページにて公開されているネームサーバーは以下のようになっておりました。

NS1.VALUE-DOMAIN.COM
NS2.VALUE-DOMAIN.COM
NS3.VALUE-DOMAIN.COM
NS4.VALUE-DOMAIN.COM
NS5.VALUE-DOMAIN.COM

ムームーやFC2などの管理画面にて、これらのネームサーバーを指定します。ただ、現在では変更されている可能性もあるため、公式サイトにて確認してから設定されることをおすすめします。

自動DNS設定で契約したサーバーを指定する

ネームサーバーの設定が終わったら、次にDNSの設定をします。

自動DNS設定

契約したコアサーバーやXREAの管理画面にて、自分のサーバー名を確認してから選択するとよいでしょう。

コアサーバーやXREA側でのドメイン設定

次に、レンタルサーバー側でドメインの設定をしますが、wwwあり・なしの2パターンを設定しておくことをおすすめします。

1行目はblankにて、2行目以降にドメインを設定していきます。

コアサーバー wwwあり・なし

下部の「ドメイン設定」をクリックして保存しますが、反映されてないなどの理由ですぐに設定できない場合、時間をおいてから設定されるとよいでしょう。もしくは、間違いのない自信がある場合、「すべてのドメインでAレコードのチェックを行わない(強制設定) 」 にチェックを入れて強制的に設定します。

設定が完了したら、ファイルマネージャーの「public_html」内に、wwwあり・なしのそれぞれのドメイン名でフォルダが作成されているはずです。

wwwあり・なしのフォルダ

htmlやcssなどのホームページファイルをこれらのフォルダ内にアップロードしていくことになりますが、それぞれのドメインにアクセスした際、各フォルダ内のホームページが表示されることになります。

wwwあり・なし設定は同期設定にて

さくらインターネットなどの通常のレンタルサーバーの場合、「wwwなし」でドメインを設定すれば、「wwwあり」の方でアクセスしても同一サイトが表示されます。一般的には、これがデフォルトの状態かと思います。

けれども、コアサーバーやXREAの場合は同期設定をしておかないと同じサイトは表示されません。

コアサーバーの同期設定

wwwあり・なしの両方のフォルダに同じファイルをアップロードしたり、片方にリダイレクト設定をして対応することもできますが、面倒なので、どちらか一方のフォルダを参照するように同期設定をしておくようにしましょう。

例えば、「wwwあり」(同期先)でアクセスしたら、「wwwなし」(同期元)と同じフォルダを参照するように同期設定しておきます。

同期設定の表示

この「同期先」と「同期元」がまぎらわしいですが、同期先のディレクトリ内容は削除されますのでご注意ください。逆にいえば、削除してもよいフォルダのドメインを同期先に指定すればよいでしょう。

上の例でいえば、オリジナルの同期元を「example.com」、同期先を「www.example.com」とした場合、「www.example.com」のフォルダは削除されて表示されなくなり、「example.com」のフォルダだけが残るようになります。

どちらのURLでアクセスした場合でも、「example.com」内のファイルが参照され、同一のサイトが表示されるようになります。