whois代理公開で個人情報を保護

ドメインを取得した際、whoisで登録者の情報がネット上で検索できるようになります。そのドメイン名を誰が所有しているかについての情報になりますので、自分の住所や名前、メールアドレス、電話番号などの個人情報がネット上で公開されることになります。

けれども、このwhois情報はプライバシーの面でネット上に個人情報を公開したくない人には望ましくありません。迷惑メールも多くなりますし、サイト訪問者との間でトラブルになった場合、個人名での誹謗・中傷などに発展してしまう可能性もあります。

そのような理由で、このwhoisについてはドメイン会社の名義で代理公開してもらうことをおすすめします。whois情報を非公開にすることはできませんが、代理で公開してもらうことにより、自分の個人情報がネット上で公開されなくなります。

ドメインの取得事業者によっては、この代理公開の設定が有料となっている場合もありますが、当サイトでご紹介しているドメイン取得事業者を利用すればほぼ無料で対応してもらえます。

バリュードメインの例

バリュードメインの代理公開

ムームードメインの例

ムームードメインの代理公開

さくらインターネットで取得した場合でも、登録者名をサイト名にするなどして個人情報を伏せることができます。

一方、海外のGodaddyなどの場合、このwhois代理公開の設定は有料となっているケースが多いですが、日本では無料で設定してもらえるレジストラが多いです。

whois代理公開の設定をしたら、実際に自分のドメイン名で検索して公開されている登録者情報を確認してみましょう。このwhoisの検索方法にもいろいろありますが、バリュードメインでは以下の箇所から検索することができます。

ネット上でwhois検索する方法

バリュードメインのwhois検索

検索する際は「www」を付けず、ドメイン名のみで入力します。

wwwなしでwhois検索

すると検索結果で登録者の情報が表示されます。

登録者情報の表示

ドメインを取得した会社の情報が表示されていれば、whois代理公開の設定がされていることになります。もし、自分の名前や住所などが表示されていたら、再度、ヘルプなどを確認して設定し直しましょう。

このwhois情報には、ほかにもドメインの有効期限やネームサーバーの情報などが表示されます。

パソコンのコマンドブロンプトから直接検索する方法

当サイト運営者の場合、Windowsのコマンドブロンプトから直接検索しています。

管理ドメイン数が多いため、どこのサーバーに設置したのかが分からなくなることが多く、主にネームサーバーの情報を調べるために利用しています。

コマンドブロンプトでのwhois検索

この方法についてですが、Whois - TechNet - Microsoftからプログラムをダウンロードし、ユーザー名のフォルダなどに「whois.exe」を置きます。あとはコマンドブロンプトから「whois ドメイン名」で検索すれば登録者情報などが表示されます。

プログラムの設置フォルダ

この場合、「Cドライブ」の「ユーザー」である「w」のフォルダに「whois.exe」のプログラムを置いています。

どこに置いたとしても、場所を指定して「whois ドメイン名」でプログラムを実行すればよいだけですが、いちいちフォルダを指定するのは面倒なので、コマンドブロンプトを開いたときにデフォルトで表示される場所に置いておくとよいでしょう。