トップページを複製しての作り方

ホームページを作成するには、主に二通りの方法があります。

①パソコン上で作成してから、サーバーにファイルをアップロード

ホームページ作成ソフトを使う場合はこちらの方法になります。あるいは、メモ帳やテキストエディタなどを使い、パソコン上でHTMLタグを手打ちして作成するケースもこちらになります。

この場合、ファイルがパソコン上とサーバー上にふたつ存在することになりますので、パソコン上のファイルを修正しても、サーバーにアップロードするまではサイトは更新されません。

ローカル環境で出来栄えを確認してから公開できるメリットがありますが、まずは作成ソフトの使い方から始めなくてはいけませんし、ファイルのアップロードについても、FTP接続の設定方法などを覚える必要があります。

②ウェブ上のファイルマネージャーでファイルを直接編集

一方、ウェブ上でサーバーのファイルを直接編集しながら作る場合、実際のサイトにもリアルタイムで反映されますので、ブラウザで表示を確認しながら作ることができます。

この場合、ファイルマネージャーで最初の1ページ目となるトップページを作成し、そのHTMLとCSSのテンプレートを元に、他のページもコピペで複製していく作り方が効率的です。コピー&ペーストを最大限に活用することで、初心者でも簡単にホームページを作成することができます。

その最初の1ページ目をどうするのかについては、当ホームページでテンプレートのサンプルがありますので、そちらを参考にしてみることをおすすめします。

例えば、このページについては、トップページのhtmlソースをそのままコピペで貼り付け、中身の文章を書き換えるだけで簡単に作成しています。

数十ページ程度のサイトならば、CMSやホームページソフトを設定してから使うよりも、そのまま直接ページを作ってしまった方がより効率的といえるでしょう。アップロードする手間がはぶけ、ソフトの使い方の習得にかける時間も省くことができます。

ただ、ウェブ上のサーバーにしかファイルがないため、定期的にパソコン上にもバックアップしながら作成することをおすすめします。