FTP接続によるアップロード方法

パソコン上で作成したファイルをレンタルサーバーへアップロードする際には、FTP接続で転送するのが便利です。無料ホームページでも有料のレンタルサーバーでも、たいていはFTP接続を利用することができます。

FTP接続の無料ツールにもいろいろありますが、一番有名なFFFTPを使用するとよいでしょう。
Sota's Web Page (FFFTP)

FFFTPの初期設定

FFFTPをパソコンにインストールして起動したら、まずは「新規ホスト」をクリックして最初の設定をします。こちらにはレンタルサーバーや無料ホームページサービスから通知される情報を確認しながら設定していくとよいでしょう。

FFFTPの初期設定

このなかで、正確に記入しなくてはならない箇所は赤丸の3つです。

  • ホスト名(アドレス)
    こちらはアクセス先となるFTPサーバー名のことですが、サーバー会社側から通知される「ドメイン名」か「ipアドレス」をそのまま記入します。

  • ユーザー名・パスワード
    こちらもレンタルサーバー側からメールなどで通知されているはずです。もしくは、ヘルプを参照すれば、たいていは設定方法が掲載されています。

この3つの情報については、レンタルサーバーを契約した際、サーバーの準備が完了したあとの最初のメールに記載されていることが多いです。

【例:さくらインターネット】
さくらインターネットのFTP設定

【例:wappy】
wappyのFTP設定

あるいは、ウェブ上の管理画面などで確認するケースもあります。

【例:コアサーバー】
コアサーバーのFTP設定

【例:FC2無料ホームページ】
FC2無料ホームページのFTP設定

【例:ヤフージオシティーズ】
ジオシティーズのFTP設定

いずれにしても、必ずFTP接続の設定に関する情報があるはずですので、送信されてきたメールなどを確認してみることをおすすめします。

その他、最初の「ホストの設定名」の箇所ですが、こちらは自分で把握しやすくするためのものですので自由に任意の名前をつけておきましょう。

また、「ローカルの初期フォルダ」ですが、このローカルというのは自分のパソコン側のことで、ホストはネット上のレンタルサーバー側のことです。接続するたびにファイルの場所を探して開くのは面倒なので、パソコン上のホームページファイルのある場所やデスクトップなどを指定しておくと便利かと思いますが、こちらは特に指定しなくても接続することはできます。

同様に、「ホスト側の初期フォルダ」はレンタルサーバー側の初期フォルダになります。

ファイルのアップロードの仕方

実際にFFFTPでファイルをアップロード方法ですが、左側にあるローカル側(パソコン側)のファイルを選んで、右側のサーバー側へと転送させます。

FFFTPでのアップロード方法

黄色いフォルダマークをクリックして、PC側にある「アップロードしたいファイル」とサーバー側の「転送先のフォルダ」を選択しましょう。転送したいファイルを選び、青色の矢印のアップロードマークをクリックすると転送することができます。

転送先のサーバー側のフォルダについては、「public_html」や「www」などが一般的ですが、レンタルサーバーによって異なるため、ヘルプページなどを確認してみることをおすすめします。

ファイルの転送が終了すると右側にアップロードしたファイルが反映されます。

複数のファイルを一括で転送したい場合には、シフトキーを押しながら複数を選択して転送します。大量のファイルを一括で転送する際、格安サーバーの場合はエラーとなって中断してしまうケースが多いので、小分けにして転送するようにしましょう。

また、転送モードには「アスキー」と「バイナリ」がありますが、デフォルトでは自動で判別して切り替えて転送してくれる設定になっています。特に問題のない場合には、デフォルトのまま利用することをおすすめします。

ちなみに、有料のホームページソフトを購入した場合、ソフトの付属機能でFTP接続ができるはずですので、特にFFFTPなどの無料ツールを使用する必要はありません。

例えば、DreamweaverなどのソフトでFTP設定をしておけば、ボタンひとつでサーバー側と同期できますので、付属のFTP機能を利用した方が便利です。

DreamweaverのFTP設定