お勧めのホームページ作成ソフト

Dreamweaver
アドビ社 月額数千円〜

こちらのソフトは数年前に購入したものの、使い勝手がよくわからなかったため、ずっと放置しておりました。正直、サーバー上で直接編集した方がはやいですし、「テキストエディタ+FFFTP」で作ってしまった方が効率的だという印象があったためです。

けれども最近、ページ数の多いサイトの修正で使ってみたところ、非常に便利なソフトだと思いましたので、当ホームページでも Dreamweaver を使うようにしております。

ちなみに、当サイト運営者が購入した当時はPCにインストールするパッケージ版ソフトがありましたが、現在では月額料金を払ってのクラウド版へと移行しています。
現在、パッケージ版のソフトは販売されていませんのでご注意ください。

ライブラリ機能による一括更新が便利

ホームページの場合、新規のページを追加した際に、サイトバーやメニューの部分を更新するのに手間がかかると思います。数ページ程度のサイトならまだしも、ページボリュームの多いサイトは1ページずつ更新していくと膨大な手間がかかるものです。

そんな時、Dreamweaver のライブラリ機能を使えば、サイト内の特定の箇所のみを一括して更新できます。

例えば、サイドバーの部分のみ、あるいはフッター部分のみなどを一括して修正することができます。また、検索・置換機能が充実しているため、特定の文字列やタグなどを指定しても一括修正することができます。

サイドバーの部分をライブラリ機能に登録しておき、このライブラリを更新することで、ホームページ全体のサイドバーを一括して更新することができます。

ライブラリ機能

この一括しての検索・置換のツールは、無料ツールでもありますが、Dreamweaver では特定のタグの要素単位での修正もできるため、自由度の高い置換作業ができます。

置換機能

既存サイトにライブラリを設定する場合にも、この置換機能を使って、ライブラリで使用するコメントタグを一括で埋め込んでいけば対応できます。

<p>タグや<br />タグの自動挿入が的確

CMSなどでも段落や改行タグの自動挿入機能はありますが、おかしな位置に挿入されるケースも多いです。

例えば、段落単位ではなく、文章単位でpタグが挿入されてしまったり、あるいは<br />で改行すべきDTDなのに、<br>が挿入されてしまうなど、モヤモヤしてしまうこともあります。

けれども、Dreamweaver ではDTDに沿って的確なタグが挿入されるので、きれいなhtmlが出力される印象があります。また、よく使うタグなどはショートカットに登録できるので、効率的に作業を進めることができます。

リアルタイムでデザインの修正が可能

CSSでデザインの修正をする際にも、分割ビューでリアルタイムに実際の仕上がりを確認しながら作業を進めることができます。

通常の場合、スタイルシートを修正してファイルを保存し、実際にブラウザで確認して調整をするという手順になりますが、いちいち保存とブラウザでの確認をしなくても、リアルタイムで修正していくことができます。

そのほか、外部リンクのリンク切れチェックができないのが不便ですが、サイト内のリンクチェックなどはできます。

ただ、このソフトには実用的なテンプレートがついていませんし、最低限のHTMLタグやCSSの知識は必要になりますので、はじめて作成される方にはあまり向いてないかもしれません。

また、現在はパッケージ商品がなくなってしまったようで、月額料金で使用する形になっているため、毎月、継続して費用がかかることになります。

初心者の方には使いづらい面もあるかもしれませんが、「今まで手打ちでホームページを作成してきたけど、ページ数が多くなってきて、そろそろ更新作業も限界に近づいてきた…。」という方には、かなり作業の効率化が図れるものと思われます。


その他、有名どころの作成ソフトもひととおり使用してみましたが、ウェブ標準でないhtmlが出力されてしまったり、meta name="GENERATOR"などの自己主張の強いタグが自動挿入されるソフトなど、あまり満足できるものはありませんでした。

どちらかといいますと、有料のソフトを使うなら、かえって無料ツールを組み合わせてHTMLタグを手打ちしてしまった方がよい気がいたします。