index.htmlとトップページの関係

通常、サイトのトップページはスラッシュの形で終了しています。
例えば、当ホームページの場合はこのようなURLです。

http://www.homepage-tukurikata.com/

けれども、これは index.html が省略された形ですので、トップページにアクセスした際は、index.html のファイル内容が表示されることになります。

http://www.homepage-tukurikata.com/index.html

ブラウザがトップページにアクセスした際、「index.html」を探して表示しますが、それがなかったら、「index.htm」や「index.php」などを探して表示します。けれども、これらのファイルがなければ、トップページにアクセスしてもサイトが表示されません。

ですので、まずはindex.htmlのファイルをルートディレクトリに作成しておきましょう。

また、サイト内の下層ディレクトリにフォルダを作成した際にも、index.htmlを作成しておいた方がよいです。

例えば、当サイトの場合、「domain」のフォルダを作成し、そこにもindex.htmlファイルを設置しています。

http://www.homepage-tukurikata.com/domain/

ですので、このURLにアクセスした際、ブラウザでは「domain」のディレクトリにある「index.html」ファイルを探してサイトを表示します。

http://www.homepage-tukurikata.com/domain/index.html

つまり、スラッシュで終わるURLにアクセスした際、そのフォルダ内にindex.htmlファイルを作成しておかないと、そのスラッシュのURLではサイトが表示されないということになります。

ただ、トップページにはindex.htmlを設置していても、サイト内の各フォルダには設置していないケースも多いです。このあたりはサイト運営者によって違いますが、できるだけ、スラッシュのURLにアクセスした際にもサイトが表示されるようにしておくとよいでしょう。

トップページのデフォルトURLの4パターン

このデフォルトのURLをindex.htmlありにするのか、それともなしのスラッシュの形で終わるのかの違いによって、検索エンジン対策で影響の出る可能性があります。

両方とも同じ内容のページが表示されることにはなりますので、人間の目からするとどちらでもかまいませんが、検索エンジンによってはそれぞれを別のページと認識することもあります。

これは www のあり・なしの設定にもいえることですが、自サイトのデフォルトのトップページのURLをどれにするのかについては、ひとつに統一しておいた方がよいです。

例えば、当ホームページではwwwありでURLを設定していますので、wwwなしでアクセスされた際には、ありの方にリダイレクトするように設定しておりますが、一般的には以下の4種類のトップページのパターンがあります。

① http://homepage-tukurikata.com/
② http://homepage-tukurikata.com/index.html
③ http://www.homepage-tukurikata.com/
④ http://www.homepage-tukurikata.com/index.html

このなかで、ごく一般的なURLの設定については、③のwwwあり・スラッシュで終わる形をサイトのデフォルトのトップページにしているケースが多いです。逆に、②や④のように、index.htmlをトップページに設定しているケースは現在ではほとんど見当たりません。

さらに、最近は暗号化されたSSL通信による https: からはじめるURLをデフォルトにしているケースも企業サイトに多くなってきており、今後は https: ページをデフォルトに設定するのが主流になっていくかもしれません。

このデフォルトのトップページを決めても、特に何かを設定するという必要はないのですが、内部リンクや外部リンクをもらう際は、そのURLで統一しておくことをおすすめします。

例えば、サイト内でトップページに戻る際の内部リンクを作る際など、あるページではindex.htmlありのURLに、あるページではスラッシュのみでといった形で、バラバラに設置するのはよくありません。

デフォルトのトップページを決めたら、そのURLで統一して作成するようにしましょう。