エックスサーバーは格安のレンタルサーバー

エックスサーバーは反応スピードが速く、低価格なのに高機能な個人向けのレンタルサーバーです。また、マルチドメイン無制限なので、複数のドメインを取得している人にも利用しやすいです。

エックスサーバー

エックスサーバーの管理画面

複数のサイトを運営する人にとってマルチドメイン対応は必須の要素になりますが、たいていはサーバーの反応速度が重かったり、CMSが利用できなかったり、あるいは価格が高かったりと何かしらのデメリットがあるものです。

この点、エックスサーバーは非常にバランスのとれたレンタルサーバーといえます。

「WordPress」や「Movable Type」の自動インストール機能もありますので、当サイト運営者が作成したときはボタンひとつで簡単にCMSを設置することができました。

ただ、月額数百円程度の格安サーバーがあるなか、エックスサーバーは最安プランでも月額1,080円かかりますので、格安かというと多少の疑問はありますが、高機能なレンタルサーバーのなかでは最安の部類に入るはずです。

ファイルマネージャーも大き目の編集画面で非常に使いやすく、htmlを直接編集してホームページを作成する場合でもストレスがたまりません。

ファイルマネージャー

アクセス解析ソフトも「Awstats」と「X Analyzer」が利用でき、サイトごとの生ログも簡単にダウンロードすることができます。

エックスサーバーは無料で独自SSLの使用が可能

エックスサーバーは独自SSLの「Let's Encrypt」が無料で利用できる点も魅力です。

Let's Encrypt

この無料SSLの「Let's Encrypt」は日本語ドメインには対応していませんが、オプションで有料の格安SSLの「RapidSSL」(年額1,500円~)や「CoreSSL」(年額1,000円~)なども利用することができます。

こちらは料金を払い込んだ後、「インフォパネル」の「ご契約一覧」より取得申請しますが、特に難しい点はなく、簡単に取得することができます。

独自SSL

同社のX2(エックスツー)でもRapidSSLを使用することはできますが、年額1万円からと料金が高めに設定されています。また、シックスコアでも料金は高いため、独自SSLでサイトのhttps化を予定されている場合はエックスサーバーが利用しやすいといえるでしょう。

エックスサーバーの料金プラン

お試し期間が最大10日間ありますが、課金の始まるタイミングがありますので、月末よりも月はじめに無料お試しを申し込んだ方がよいでしょう。お試し申し込み日の翌月1日からの契約開始となるため、月末に申込みをすると、翌月の1日からすぐに契約期間が開始されてしまいます。

プランにはX10(200GBで1,080円)、X20(300GBで2,160円)、X30(400GBで4,320円)の3種類があり、初期費用が別途に3,240円かかります。たまに初期費用半額のキャンペーンがやっていますのでチェックしてみるとよいでしょう。

そのほか、独自ドメインのプレゼントキャンペーンも見かけたことがあります。

ちなみに、この個人向けエックスサーバーを運営している会社には、ワンランク上のビジネスユースでX2(エックスツー)もあります。さらに、法人向けのシックスコアもあり、当ホームページはそちらのシックスコアを利用しております。

用途に合わせて最適なレンタルサーバーを比較されることをおすすめします。

個人向け格安レンタルサーバー

そのほかの法人向けや独自ドメイン取得