Search Consoleに登録して最適化

検索エンジンに自サイトを最適化する際、Google Search Console(グーグルサーチコンソール、旧ウェブマスターツール)を利用することをおすすめします。

グーグルアカウントがあれば、無料で利用することができます。
Google Search Console

PVや滞在時間など、アクセス数を確認する際はアクセス解析のGoogleアナリティクスが便利ですが、そのアクセスを呼び込むためにサイトを最適化する際には、こちらのSearch Consoleを使用するとよいでしょう。

このツールに登録していなくても検索結果では表示されますが、サイトマップの送信やエラーの把握、あるいは流入キーワードの把握がしやすくなり、ホームページの健康状態を管理しやすくなるメリットがあります。

既にアナリティクスを利用している場合、Analyticsタグで所有者の認証ができるため、別途にタグを設置する必要なく利用を開始することができます。

Search Consoleへのサイトの登録方法

サイトを登録する際は「プロパティを追加」からサイトのURLを登録します。

「プロパティを追加」からサイトのURLを登録

この際、サイトの所有権を確認する必要があるため、用意されているいずれかの方法を選択して確認します。

サイト所有権の確認

「URLプレフィックス」を選択した場合

アクセス解析のAnalyticsを利用している場合、「URLプレフィックス」を選択してAnalyticsのタグで認証した方が簡単かと思います。

「URLプレフィックス」での認証

ただ、このURLプレフィックスで認証する場合、「wwwのあり・なし」や「httpとhttps」のそれぞれのURLのバージョンを登録する必要があるため、簡単ではあるものの、手間がかかるかもしれません。

「ドメイン」を選択した場合

一方、DNSレコードの編集ができるエックスサーバーやバリュードメイン系のコアサーバーなどでは、左側の「ドメイン」を選択してもよいかと思います。DNSレコードに認証タグを設置することで完了するはずです。

「ドメイン」での認証

ただ、このDNSレコードの編集はできないレンタルサーバーの方が多いかもしれません。

いずれかの方法で所有権の確認がすめば、ツールを利用できるようになります。

所有権を証明しました

ちなみに、「URLプレフィックス」を選択した場合、wwwあり・なしでそれぞれのURLのパターンを別のサイトとして登録する必要がありますが、この場合は「2サイト分」を登録することになります。

wwwあり・なしの登録

加えて、SSL対応でhttps化している場合も「httpsのあり・なし」と「wwwのあり・なし」でそれぞれのパターンを別々のサイトとして登録する必要があります。

メールでも通知が来るはずですが、ウェブサイトの全バージョンを追加する必要があります。

全バージョンを追加

この手間を考えれば、上記の「ドメイン」で認証してしまった方が楽かもしれません。

また、こちらは既に廃止されましたが、wwwあり・なしでURLをどちらかに統一する際、以前までは右上の歯車のアイコンの箇所にある「サイトの設定」から使用するドメインを指定することができました。

wwwあり・なしでURLを統一

ただ、新バージョンではこちらの機能がなく、使用するURLはGoogleが決めるようになったため、<link rel="canonical"でURLを正規化しておけば、特に問題はないかと思います。

サイトマップの送信

確認が済んだら、まず最初に管理ツールからサイトマップの送信をしておくことをおすすめします。

サイトマップの送信

データが反映されるまでに時間がかかりますが、時間をあけてアクセスすると反映されているはずです。そのほか、クロールのエラーなどがあればチェックしておくとよいでしょう。

これらのサイトマップの送信はrobots.txtで指定することもできますが、こちらのGoogle Search Consoleを利用した方がより確実に通知することができます。

Analyticsとの関連付け

また、「設定」 → 「協力者」の箇所からAnalyticsと関連付けておくことをおすすめします。

Analyticsとの関連付け

現在のところ、最新版GA4のAnalyticsではこの関連付けができないようですが、旧バージョンを使用している場合はできるはずです。

この関連付けのメリットについてですが、Analyticsの管理画面の「集客」 → 「Search Console」の箇所で「検索クエリ」を確認できるようになります。

Analytics関連付けのメリット

そのほかのメリットはあまり感じたことはありませんが、「より詳細な分析データを得られる可能性があります」とのことで、関連付けをすることで何らかのメリットがあると思います。

Search Consoleの使い方

このSearch Consoleの実際の使い方についてですが、アクセスアップにつなげるためには表示回数の多いクエリに合わせてコンテンツを最適化していくことをおすすめします。

例えば、このページについてですが、アクセス解析のアナリティクスで確認してみますと、直近1年間で「337ページビュー」あったことが確認できます。

アナリティクスでのPV数

けれども、このアナリティクスでは検索エンジンからどのようなキーワードでアクセスが流入してきたのかを確認することができません。

そこで、Search Consoleの「検索パフォーマンス」の「+新規」の箇所から、このページのURLを指定して調べてみますと、直近1年間の「平均掲載順位」が71.3位となっています。

Search Consoleでの平均掲載順位

平均71位でも4,477回は表示され、そのうち10回ぐらいはクリックされてはいますが、検索エンジン経由のアクセス数はほぼゼロの状態であることがわかります。

次に、検索結果で表示された「クエリ」を確認してみますと、おおむね「Search Consoleの登録方法」についてのクエリが多いようです。

検索結果で表示された際の「クエリ」

上記の「合計表示回数」の4,477回についてはキーワードの月間検索回数ではなく、さまざまな検索キーワードでこのページが実際に表示された合計の回数を表す数字になりますが、その内訳がこちらになります。

この「クエリ(query)」は「クエスチョン(question)」の意味合いですが、検索エンジンに疑問を質問するとか問い合わせをするというニュアンスになり、検索された際のキーワードのことを指しています。

このページについては「Search Consoleへの登録方法は?」と聞かれているのに対し、旧バージョンの古い情報を提供していたため、71位という結果なのだろうと思います。そのため、コンテンツを新しい情報に更新するなどして修正すれば、アクセスアップにつながっていくはずです。

そのほか、クリック率のCTRが低い場合、検索結果に表示される自サイトのページのタイトルmetaタグの説明文が分かりにくくなっていたり、検索者の意図にマッチしていない可能性があります。

Search Consoleで上記のような点を確認しつつ、コンテンツを修正していくことでアクセスアップにつなげていくことができます。

改善が必要なURLの確認方法

そのほか、Search Consoleでは改善が必要なURLをチェックすることができます。

改善が必要なURL

AMPや構造化データなど、画像の大きさが小さいなどの警告が出ている箇所については修正して対応しておくとよいでしょう。

AMPや構造化データの警告

バックリンクの確認方法

過剰なSEO対策などで手動ペナルティーを受けた場合、「セキュリティと手動による対策」の箇所に通知が来ます。

セキュリティと手動による対策

この場合、「リンク - 外部リンクをエクスポート」の箇所からバックリンクを確認し、疑わしいリンクについてはサイト運営者などに連絡した上で削除してもらうことをおすすめします。SEO業者に依頼したものや自作自演のリンク、あるいは相互リンクサービスなど、疑わしい被リンクがないかをチェックしましょう。

外部リンクをエクスポート

サイト運営者に連絡しても外してもらえない場合、「リンク否認ツール」から無効にすることもできますが、こちらは慎重に使用することをおすすめします。

また、ドメイン変更でサイトを移転する際は、前サイト運営者のバックリンクが残っているケースもあり、手動対策の原因となってしまう可能性もあるため、そのような場合もこちらの否認ツールで無効化しておきます。

上記のバックリンクのチェックをした上で、旧サイト側の「設定」 → 「アドレス変更」の箇所からサイトの移行設定をしておくことをおすすめします。

サイト移転の設定

こちらの移行設定はなかなか終わらないこともありますが、旧サイト側には301リダイレクトの設定もしておくとよいでしょう。