アクセス解析の設置方法

ホームページにアクセス解析を設置しておくと、訪問者のさまざまな情報(※個人情報以外)を調べることができます。有料ツールの方が詳細なデータを把握できますが、無料のアクセス解析でもかなり詳しくデータを調べることができます。

  • 訪問した際の検索キーワード
  • 参照元のページ
  • ページビュー数
  • ランディングページ
  • 訪問者滞在時間
  • 訪問者のおおまかな地域
  • 画面の解像度

そのほか、ブラウザやOSの種類、再訪問期間や閲覧経路、クリックされた内部リンクなどがわかるアクセス解析もあります。

アクセス解析をするにはサーバーの生ログを解析する方法もありますが、一般的には「グーグルアナリティクス」などのJavaScriptのタグをサイトに貼る方法がよく利用されています。

①一般的なアクセス解析(JavaScriptタグをサイトに設置)→ 訪問者が対象
②サーバーアクセスログでの解析(サーバーでログを保存)→ 訪問者+クローラーロボット

JavaScriptのタイプはサイトのページ内に解析用のタグを貼り付ける必要があります。一方、サーバーのアクセスログで解析する場合はタグの設置は必要ないものの、サーバーの管理画面でログを保存するなどの設定をしておく必要があります。

いずれの場合も設定してからデータの収集が開始されますので、ホームページの開設と同時に設置しておくとよいでしょう。

上記のうち、サーバーのアクセスログで解析する場合、ブラウザのキャッシュでの閲覧分はカウントされなかったり、クローラーや画像へのアクセスもヒットしてしまうため、それほど正確ではありません。かといって、JavaScriptのタグのみでは不審なクローラーロボットによるアクセスやサーバーのエラー情報などを把握できません。

できるだけ、両方設置しておくことをおすすめします。

無料で利用できるアクセス解析ツール

JavaScriptタイプのアクセス解析は有料のものが高機能ではありますが、無料で利用できるものもかなり高機能です。「グーグルアナリティクス」や「ヤフーのアクセス解析」、あるいはFC2などの無料ツールの人気が高いです。

当ホームページではグーグルアナリティクスを使用していますが、広告が表示されないのが魅力的です。

実際にアクセス数のある検索キーワードを調べてみて、検索回数のボリューム数があるようなら、そのコンテンツを強化して上位に表示されることで、さらなるアクセスアップにつなげることができます。

このJavaScriptタイプのアクセス解析を利用する場合、取得したタグを自分のホームページに貼り付ける必要があります。そのため、アクセス解析を設置しない場合と比べると、ページの表示速度は若干は重くなるかもしれません。

貼り付け位置は「bodyの終了タグの直前」に貼り付けるとよいでしょう。

【追記①:】

このページは2008年に作成したものですが、2014年の現在、Google analyticsのコードは、</body>の終了タグの直前ではなく、</head>の終了タグ直前に貼りつけることが推奨されています。

以前までは、ページの先頭部分にJavaScriptを貼りつけると、スクリプトが読み込まれるまでサイトが表示されず、表示が重くなってしまうため、htmlソースの最後に置くのが一般的でした。
けれども、現在のコードは「非同期」でサイトの表示を妨げずに読み込まれるため、最初の </head>内に記述しても問題ありません。

ただ、アナリティクス以外のアクセス解析は非同期での読み込みには対応していないケースも多いため、最後の</body>タグ直前に貼り付けておくことをおすすめします。

【追記②:】

グーグルがプライバシー保護のため、httpsでの検索がデフォルトになってきております。そのため、上記の「検索キーワード」が表示されなくなってきており、(not provided)と表示されるケースが多くなってきています。

サーバーのアクセスログを利用しての解析方法

使用しているレンタルサーバーによっては、アクセスログ(生ログ)のデータを保存できるところもあり、そちらを利用して解析することもできます。
サーバー生ログのアクセス解析の方法

このアクセスログを利用する場合、自動的に保存してくれるレンタルサーバーもありますが、たいていはあらかじめ「ログを保存する」に設定しておく必要があります。サーバーを契約した際、とりあえずは保存するように設定しておくとよいでしょう。

この生ログは人間によるアクセスのほか、クローラーのアクセスやエラーなども解析できるので、不審なアクセスに対処する際に必要です。

例えば、当サイトではWordPressを利用してはおりませんが、毎月、WordPressログイン画面への不正侵入と思われるクローラーのアクセスを確認しています。

もし、実際にWordPressを利用していた場合、このようなアクセスを確認できれば、パスワードの変更や海外からのアクセスを制限するなど何等かの対処をすることができます。そのためにも、できるだけログを保存しておくようにしましょう。

アクセスログ解析にはツールが必要

このログ自体は単にアクセスの履歴が記録されているテキストデータの集まりにすぎないので、それらを集計して統計をとるには何らかの解析ツールが必要になります。

実際に解析する方法としては、生ログをダウンロードして「ApacheLogViewer」などのツールを使い、パソコン上で解析することもできますが、レンタルサーバーによってはウェブ上で閲覧できる「Awstats」や「Analyzer」などのツールを利用できるケースも多いです。

例えば、当サイトの場合はシックスコアのレンタルサーバーを使用しておりますが、このようなサーバーサイドのアクセス解析ツールを利用できます。

このサーバーのアクセスログを利用する場合、JavaScriptなどのタグをホームページに貼りつける必要がないため、サイトの表示が重くなることはありませんが、詳細なデータを解析するには少し物足りなさがあります。

例えば、よく訪問するページなどはブラウザのキャッシュでページが閲覧されますので、サーバー側へはファイルの取得がリクエストされず、アクセスログには記録されないため、この分のページビューが除外されてしまいます。

この部分で正確なデータの把握には差が出てしまうこともありますので、できるだけグーグルアナリティクスなどの一般的なアクセス解析も利用することをおすすめします。

解析データを使ってのアクセスアップへのつなげ方

これらの解析データを実際のアクセスアップへつなげる際には、メインキーワードよりも、意図していなかった検索キーワードに着目する方が効果が高いです。

たいてい、メインキーワードへのSEO対策はすでにしているはずですので、基本的にそのキーワードで大幅にアクセスが増えるということはあまりないです。

一方、まったく想定していなかったようなキーワードで実際のアクセスがある場合、そのキーワードに関連するページや専門の特集ページを作成したり、そのページへの内部リンクを増やすことによって検索順位が上昇し、さらにアクセス数が増大する可能性があります。

特に、意図していなかったキーワードの月間の検索回数が多い場合には、大幅なアクセスアップにつながる場合もあります。あるいは検索回数が少なくても、お金のにおいのするキーワードについては広告単価の高い傾向があるので広告収入のアップも期待できます。

例えば、当サイトの「ホームページの作り方」というのは、お金にはならないまったくのボランティアサイトですので、広告収入は特に期待しておりませんでした。少しでも訪問者さまのお役に立てればそれでよいというキモチで開設した次第です。

けれども、運営していくにつれ、これはあまり書きたくはないのですが、「法人向けレンタルサーバー」とか「ホームページ集客」のような、高い広告収入を期待できるアクセスが発生してきたりもしております。

そのようなキーワードは実際にアクセス解析をしてみてはじめてわかるものですので、アクセス解析の設置ははやめにしておくとよいでしょう。