サーバーアクセスログの保存設定

レンタルサーバーを契約した際には、アクセスログの保存設定をしておくことをおすすめします。

数年単位で見た場合、何らかの事情で過去のアクセスログが必要になることもありますが、たいていのレンタルサーバーでは自動でデータは保存されません。ユーザーが保存設定をしてからデータが蓄積されていくことが多いため、契約した段階で設定しておくことをおすすめします。

また、可能であれば、アクセスログをダウンロードしてPC内に保存しておくとよいでしょう。

加えて、「Awstats」などのアクセスログの解析ツールを利用する場合、こちらも利用するに設定しておかないとデータが集積されていきません。「生ログ」と「アクセス解析ツール」の設定を契約した段階でしておくことをおすすめします。

エックスサーバーの例

エックスサーバーでは「ログファイル」の箇所から保存設定ができます。

エックスサーバー ログファイル

ログの保存期間は最大で「9週間」となっています。

エックスサーバー ログ保存

また、エックスサーバーの場合、「アクセスログの保存設定」のほかにも、アクセス解析ツールも追加しておくとよいでしょう。

アクセス解析ツール 追加

お名前.comレンタルサーバーの場合

お名前.comサーバーの場合、コントロールパネルの「アクセス解析+SEO総合診断」の箇所から設定できます。

アクセス解析+SEO総合診断

設定を「有効」にしておくとよいでしょう。

保存設定 有効

さくらインターネットの例

さくらインターネットの場合、ドメインごとにデータを解析するには、「ホスト名の情報」の箇所の設定も必要になります。こちらも「残す」に設定しておくとよいでしょう。

アクセスログの設定

保存期間

コアサーバーの例

コアサーバーの場合、「アクセスログ閲覧」の箇所から保存設定をすることができます。

コアサーバー ログ保存

ロリポップの例

ロリポップ!の場合、特に設定は必要ありません。
90日間は自動で保存されますので、定期的にログをダウンロードしておくことをおすすめします。

ロリポップ アクセスログ

ヘテムルの例

ヘテムルもログの保存設定は必要ありませんが、ダウンロードできるのは「過去 30 日分」となっています。

アクセス解析

上記のように、なかには自動で保存されるレンタルサーバーもありますが、ほとんどのケースでは最初に「保存設定」をしておかないとデータが蓄積されていきません。サーバー契約をした際には、まずはアクセスログの保存設定をしておくようにしましょう。