SEO対策によるアクセスアップの方法

アクセスアップのメジャーな方法として、検索エンジンへのSEO対策があります。

特定のキーワードで検索した際、ヤフーやグーグルの検索結果で上位に表示されていれば、検索エンジン経由のアクセス数が多くなります。

検索結果の1番目に表示されていたら1番多くのアクセスが発生しますし、2番目や3番目でもある程度のアクセス数を見込めます。けれども、2ページ目や3ページ目ともなると、ほとんどアクセスは発生しないため、1ページ目の上の位置に表示されることを目指しましょう。

以前まではヤフーとグーグルでそれぞれ独自の検索システムを採用していたため、ランキング付けの条件も異なり、両社それぞれに最適化する必要がありました。

けれども、2010年以降はヤフーもグーグルの検索システムを採用したため、現在ではグーグルのSEO対策のみでよくなっています。そのため、グーグルが公開している検索エンジン最適化 スターターガイドのマニュアルを参考にして最適化していくとよいでしょう。

SEO対策の内部要因と外部要因の違い

このSEO対策には、大きく分けて「内部要因」と「外部要因」の二つがあります。

利用するCMSやウェブデザイン、ウェブフォントによる違いはそれほど大きな影響はありません。また、AMPや構造化データ、コアウェブバイタル対応の有無についても、それほど大きな要因にはなりません。

最低限、SSL対応の独自ドメインで作成し、スマホでアクセスした際に普通に表示されれば特に問題はないかと思います。そのため、サイトの高速化など、内部要因にこだわり過ぎて時間をかけたとしても、それほど効果を感じられないはずです。

それよりもSEO対策で効果が大きいのは、コンテンツの質や外部からの被リンク、あるいは権威性といった要因による影響が大きいため、訪問者の求めている良質なコンテンツを提供するように心がけるとよいでしょう。

内部要因

内部要因は自分のホームページ内での最適化になるため、自分ひとりでも対応することができます。

例えば、ページタイトルが適切に記載されているかとか、URLが分かりやすい形になっているかとか、あるいはH1やH2タグなどでサイトが論理的な構造になっているかなどがあります。

加えて、Googleはモバイルファースト・インデックスへ移行したため、スマートフォン端末にも最適化する必要があります。

また、運営者情報については、そのサイトを誰が作成しているのかという権威性、オーソリティー性にも関係してくるため、運営者情報のページも丁寧に作成しておくことをおすすめします。TwitterなどのSNSも利用している場合、そちらとも連携しておくとよいでしょう。

外部要因

外部要因は権威性のある良質なサイトから多くのリンクをもらっており、よく参照されていることが重要になります。被リンクの数と質は検索順位への影響が強く、とても重要な要素です。

けれども、全くアクセス数がなく、検索結果でも表示されていないサイトはネット上に存在しないも同じであるため、良質なサイトとはいえず、そのようなサイトから数多くのリンクが貼られていたとしてもあまり意味はありません。

また、悪意のあるサイトにもアクセスはないはずですので、逆にそういったサイトからネガティブSEOを受けたとしてもそれほど影響はないものと思われます。

そのため、被リンクについては、リンクをもらっているサイトの質が重要になります。

この外部要因は他サイトが関係してくるため、対策のしようがありません。相互リンクなどの方法もありますが、ほとんど意味がないため、機会があればリンクしてもらう程度で対応しておくとよいでしょう。

SEO対策をする際の注意点

時間をかけてSEO対策をしても、まったくアクセス数が増えなかったり、あるいは一瞬でアクセス数がゼロになってしまうケースもあります。

長期的に考えて、リスクの高いSEO対策は避けるように注意しましょう。

キーワードの検索回数の確認

注意したい点は、誰も検索しないようなレアなキーワードで上位に表示されてもアクセス数は増えないという点です。

仮に、月に10万回の検索回数のあるキーワードなら、1位に表示されることで3万~5万程度のアクセス数は発生するはずです。けれども、月に2~3回しか検索されないレアなキーワードで上位に表示されたとしても、せいぜい2~3人のアクセスしかやってきません。

誰も検索しないようなキーワードで上位に表示されたとしても、その努力が徒労に終わってしまうため、検索回数の多い人気キーワードで上位に表示されることが、アクセスアップへの近道といえるでしょう。

上位に表示された際に想定できるアクセス数については、概ね、「アクセス数の上限=キーワードの検索回数」と考えておくとよいかもしれません。

例えば、あなたが「ライオン」のホームページを作るか、「トラ」のホームページを作るかで迷っていたとします。

そこで、それぞれの検索回数を調べてみると、「ライオン」で月100万回、「トラ」で月50万回だったとしたら、「トラ」よりも「ライオン」のホームページを作った方が上位に表示された際により多くのアクセス数を期待できます。
キーワードの月間検索数を調べる方法

ページ数が多くなるとニッチな複合キーワードでのアクセスも期待できますので、意外なアクセス数が発生する可能性もありますが、概ね、メインキーワードの検索回数がそのサイトで期待できるアクセス数の上限と考えておくとよいでしょう。

ユーチューバーの場合、登録者数が増えれば増えるほど再生回数が増え、リミットはありませんが、ホームページの場合はキーワード検索回数に縛られる傾向があります。

過剰なSEO対策による検索エンジンペナルティー

キーワードの詰め込みや有料リンクを購入することで、検索エンジンからスパム行為とみなされ、ペナルティーを課せられることもあります。

例えば、このようなメールが送られてきて、サイトが終わりの時を迎えることになります。

検索エンジンペナルティー

一度ペナルティーを受けてしまうと、再審査を送信したとしても2度とサイトが復活しない傾向にあり、検索結果ではヒットしなくなりますので、検索エンジン経由のアクセスは断念せざるを得なくなります。こうなってしまった場合、実質的になすすべがなくなるので注意しましょう。

SEO業者への依頼はリスクが高い

上記のサイトがそうでしたが、SEO業者に依頼していた場合、自サイト内の修正のみでは対応できず、連絡がつかなくなってしまうと対応のしようがなくなってしまいます。詳細については省きますが、業者に依頼する際のリスクは高いと考えておいた方がよいでしょう。

検索順位の確認方法

グーグルアカウントにログインしている場合、ユーザーごとに検索結果が最適化されているため、自分がよくアクセスするサイトは上位に表示される傾向があります。

そのため、自分が検索した際に自サイトが上位に表示されていたとしても、他の人が検索した際に上位に表示されているとは限りません。

正常な検索順位を調べるには、Search Consoleに登録して確認するか、もしくはネット上で公開されている検索順位の確認サイトを利用するとよいでしょう。

検索エンジンでのインデックスの確認方法

検索結果に表示されるためには、まずは大前提として、検索エンジンにあなたのホームページがインデックス(登録)されている必要があります。

インデックスされているかどうかを確認するには、グーグル検索で次のように検索します。

「cache:あなたのサイトのドメイン名」

例えば、cache:www.yahoo.co.jp でヤフーを検索してみると、グーグルにサイトのキャッシュ(※コピーのこと)が保存されているため、既に登録されていることが確認できます。

キャッシュの例

検索エンジンはこのようなキャッシュを大量に集め、そのなかからユーザーが検索したキーワードに最適なページを選んでランキング表示しています。そのため、そもそも自サイトのページが登録されていなければ、検索結果に表示されることもありません。

もし自サイトがインデックスされていないようでしたら、Search Consoleに登録したり、関連サイトからリンクをもらったり、あるいはコンテンツを充実させるなどして対策するとよいでしょう。

これは主観ではありますが、独自ドメインやサブドメインの違い、あるいはco.jpや.comなどのドメインの種類による違い、もしくは階層の浅い・深いの違いなどでインデックスのされやすさに違いがあると感じています。

概ね、.comなどのメジャーな独自ドメインのトップページについては、比較的、インデックスされやすいと感じています。

一方、無料ブログでの利用は極力避けた方がよいでしょう。

現在はモバイルファースト・インデックスにより、モバイル版のページが優先的にインデックスされますが、無料ブログでのモバイル向けでは簡易版が表示される仕様が多いです。無料ブログの場合は簡易版が表示されてしまい、コンテンツ不足でインデックスされにくい傾向があります。