個人向けレンタルサーバー比較

個人でホームページを作成するのに最適な格安レンタルサーバーの比較情報です。

初期費用の有無や長期契約による割引によって料金はまちまちですが、日本語対応のオリジナル管理画面でマルチドメイン対応のものが使いやすいです。

また、何らかのホームページ作成ソフトで作る場合、データベース(MySQL)は必要ないため、月額100円程度の格安サーバーでも十分かと思います。一方、WordPressなどのCMSを利用する場合は必要なため、データベース可能なプランを選択されるとよいでしょう。

加えて、最近はサイトの常時SSL化が必須となってきているため、無料SSLの「Let's Encrypt」を利用できるレンタルサーバーがおすすめです。ストレージについてはHDDではなく、最新のSSDだと快適に利用することができるでしょう。

個人向け格安サーバーの一覧

容量の目安について

容量の目安についてですが、「1MB」はテキストのみの場合だと数十ページ分に相当します。
(※「1GB」は1024MB、「1MB」は1024KB、このページで約15KBです。)

例えば、このページの文字数で「約15KB」ですが、1MB(=1024KB)で約68ページ分に相当します。テキスト主体でホームページを作成する場合、100MBもあれば数百ページ分に相当するため、格安レンタルサーバーでも十分すぎる容量です。

けれども、画像や動画を多用する場合はあっという間に容量を消費してしまうため、容量の大きなサーバーを選択するとよいでしょう。

当ホームページの場合、画像も含めた全体でだいたい10MB程度ですが、サーバー容量の0.1%も使用していない状態です。最近のレンタルサーバーは10GB程度が主流となっており、数十万ページ分の容量はあるため、よほどの大規模サイトでない限り全容量を使い切る心配はないかと思います。

ちなみに、このページの「個人向けレンタルサーバー」というのは、当サイト管理人の個人的な印象を元に決めており、レンタルサーバーによっては個人と法人の両方に利用されていることも多いです。あくまで参考程度にして頂けると幸いです。

法人向けや独自ドメインの取得