お勧めのホームページ作成ソフト

こちらのDreamweaverのソフトは数年前に購入したものの、使い勝手がよくわからなかったため、ずっと放置しておりました。

Dreamweaver
アドビ社 月額数千円~

けれども、ページ数の多いサイトを一括で修正する必要があり、その際に使ってみたところ便利なソフトだったため、最近では当ホームページでもDreamweaverを使うようにしております。

ちなみに、当サイト運営者が購入した当時はPCにインストールするパッケージ版ソフトでしたが、現在では月額料金を払ってのクラウド版へと移行しています。現在、パッケージ版のソフトは販売されていませんのでご注意ください。

Dreamweaverのメリットとデメリット

ホームページを作成する際、現在ではWordPressなどのCMSが人気ですが、一括での更新はしやすいものの、個別ページごとにカスタマイズすることは困難かと思います。

OGPタグなどでは個別ページごとに画像や説明文を設定しなくてはいけませんし、プラグインなどを使ったとしても、そのページにだけ個別に変更を適用するといった面では弱い印象があります。

その点、Dreamweaverで作成する場合は「テキストエディタ+FFFTP」のように使えるため、個別ページごとに対応がしやすく、またライブラリ機能などを使うことで内部リンクの構築もしやすいです。

そのため、CMSと「テキストエディタ+FFFTP」の両方のメリットを合わせたようなソフトと感じています。

「ライブラリ機能」でホームページの更新が簡単

ホームページの場合、新規のページを追加した際に、サイトバーやナビゲーション部分を更新するのに手間がかかるかと思います。数ページ程度のサイトならまだしも、ページボリュームの多いサイトでは1ページずつ更新していくと膨大な手間がかかります。

そのような時、Dreamweaverのライブラリ機能を使えば、サイト内の特定の箇所のみを一括して更新することができます。

例えば、サイドバーをライブラリに登録しておき、このライブラリを更新することで、ホームページ全体のサイドバーを一括して更新することができます。

ライブラリ機能

サイドバーの部分のみ、あるいはフッター部分のみなどを一括して修正することができるので、WordPressやMTOSなどのCMSのウィジットを更新するような感覚で使うことができます。

自由度の高い「検索・置換機能」で一括修正が可能

無料ソフトでサイト内のファイルを一括して検索・置換できるツールもありますが、Dreamweaver ではキーワードだけではなく、特定のタグ単位での修正もできるため自由度が高いです。

無料ツールでは複数行での置換ができないことも多いですが、Dreamweaverは複雑な置換作業にも対応しています。

置換機能

当ホームページでは、以前にxhtmlからHTML5へと修正しましたが、この特定のタグの置換機能を使って、サイト内のファイルを<div>から<article>などへ簡単に修正することができました。

ほか、既存サイトに上記のライブラリを設定する場合にも、この置換機能を使ってライブラリのタグを一括で埋め込んでいけば対応できます。

<p>や<br />などのHTMLタグの自動挿入が的確

CMSなどでも段落や改行タグの自動挿入機能はありますが、おかしな位置に挿入されるケースも多いです。

例えば、段落のpタグを挿入したいのに<br>が2個連続で挿入されてしまったり、あるいは<br />で改行すべきDTDなのに<br>が挿入されてしまうなど、モヤモヤしてしまうこともあります。

けれども、DreamweaverではDTDに沿って的確なタグが挿入されるため、きれいなhtmlが出力される印象があります。また、よく使うタグなどはショートカットに登録できるので、効率的に作業を進めることができます。

リアルタイムでデザインの修正が可能

CSSでデザインの修正をする際にも、分割ビューでリアルタイムに実際の仕上がりを確認しながら作業を進めることができます。

タグ手打ちで作成する場合、スタイルシートを修正してファイルを保存し、実際にブラウザで確認して調整をする手順になりますが、ファイルの保存とブラウザでの確認をしなくてもリアルタイムで修正できます。

Dreamweaverのデメリット

Dreamweaverでは外部リンクのリンク切れのチェックができないのが不便かもしれません。

また、このソフトには実用的なテンプレートがついていませんし、最低限のHTMLタグやCSSの知識は必要になりますので、はじめて作成される方にはあまり向いてないと思います。

加えて、現在はパッケージ商品がなくなってしまったようで、月額料金で使用する形になっているため、毎月継続して費用がかかることになります。

けれども、サイトのSSL更新でも数万円が飛んでいくことを考えれば、価格的にはそれほど高いものではないと感じています。

初心者の方には使いづらい面があるかもしれませんが、今まで手打ちでホームページを作成してきた方は作業の効率化が図れるものと思われます。ページ数が多くなってきて、そろそろ更新作業も限界に近づいてきた際には検討されてみるとよいでしょう、

そのほかのホームページ作成ソフト

その他、有名どころの作成ソフトもひととおり使用してみましたが、ウェブ標準でないhtmlタグが出力されてしまったり、meta name="GENERATOR"などの自己主張の強いタグが自動挿入されるソフトなど、あまり満足できるものはありませんでした。

どちらかといいますと、有料のソフトを使うなら、かえって無料のテキストエディタを組み合わせてHTMLタグを手打ちしてしまった方がよい気がします。