ホームページ制作会社の相場

ホームページ制作を業者に依頼する際の相場はピンキリですが、概ね、制作費のみで「20万円程度」かかるケースが多いと思います。また、制作費のほかにも管理費が月額1万円程度かかることもあり、数年間の総額ではさらに高額になるかもしれません。

料金の支払いがホームページ納品時の1回のみで済むのか、もしくは長期的に契約して総額で数十万円程度かかるのかは会社によって違うため、事前によく確認してから依頼するようにしましょう。

一方、フリーランスの個人の場合は5千円程度でも対応してもらえることもありますが、こちらはサイト一式というよりも、修正点などを単発で依頼する形が多いと思います。

そのため、サイト一式はホームページ制作会社へ依頼し、のちのち修正などが必要になった際には、フリーランスの方へ依頼するのがよいでしょう。

ホームページ制作会社の料金例

一般的なホームページの作成を業者に依頼する場合、格安の場合だと5万円程度で済む会社もありますが、概ね20万円程度の料金設定が多いです。

  • ホームページの制作費用(※10ページ程度) → 20万円程度~
  • 月額費用 → 月1万~2万円程度

試しに比較ビズで検索してみると「383件」がヒットしましたが、概ね制作費が15万円~30万円程度、管理費が月額1万円程度に設定されているケースが多いと感じました。

比較biz

比較ビズでのHP制作業者の料金

制作費が5万円程度の格安の場合、業者で用意している既存テンプレートに少し手を加えるような形で対応するケースが多いかと思います。

一方、制作費が20万円~30万円程度の場合、個別に要望をヒアリングした上でオリジナルデザインで対応してくれるものと思います。

また、ネットショップなどのECサイト、あるいは会社ホームページによっても料金に幅があり、 ECサイトの場合は費用が高額化する傾向にあります。

ほか、以下のような違いによっても制作費用が変わってくるため、明確な相場というものはなく、どこまで対応してもらうのかによって料金もピンキリです。

  • オリジナルテンプレートか否か?
  • ECサイトか、もしくは会社ホームページか?
  • 動的なプログラムが必要かどうか?
  • WordPressなどのCMSによる更新機能の有無
  • スマホ対応(レスポンシブウェブデザイン対応)の有無
  • 作成する個別ページのページ数
  • キャッチコピーやブランディング画像の有無
  • SSL対応か否か?
  • SEO対策やアクセス解析設置の有無
  • 問い合わせフォーム設置の有無

まずはどこまで依頼するのかを詳細に検討し、その上で見積もりを出してもらうとよいでしょう。

月額費用で管理してもらう際の注意点

以前に当サイトの訪問者様から相談を頂いたのですが、その方の場合は管理費用で毎月1万円かかっており、負担になっているため、もう解約して自分で管理したいとの内容でした。

法人向けのレンタルサーバーを借りてもそれほどの費用はかからないため、自分で管理されることをおすすめしたのですが、移転するにもホームページは制作会社の方で管理しており、すんなり解約というわけにはいかなかったようです。

結局、ドメインは移管してもらえたものの、テンプレートについては制作会社に著作権があるとのことで、新しいテンプレートを自分で用意することになったようです。

そのため、もし月額費用がかかる場合、何年縛りなどの契約期間や解約した際のテンプレートの著作権などは事前によく確認しておいた方がよいでしょう。

  • 月額費用の契約期間に縛りはあるのか?
  • ドメインやコンテンツなどの所有権はどちらにあるのか?
  • 解約した場合でもテンプレートはそのまま使えるか?

もしドメインの移管やテンプレートが自由にならない場合、そのホームページ制作会社で依頼し続けるしかなくなってしまいます。のちのちトラブルにならないよう、契約前によく確認しておくことをおすすめします。

単発での依頼はフリーランスが便利

ホームページ一式ではなく、ちょっとしたデザインの変更やCMSの設置などを単発で依頼する場合、個人のフリーランスの方へ依頼すると費用を抑えることができるかもしれません。

フリーランスの方へ依頼する場合、「ランサーズ」などのマッチングサイトで費用を指定して募集するか、もしくは評価の高い方へ直接依頼するのがよいと思います。

ランサーズ

  • 5000円~1万円程度の募集でも入札あり
  • サイト一式での依頼は20万円程度が多い

当サイト運営者の場合、上記のランサーズではありませんが、他サイトのデザイン変更を海外のフリーランスの方に依頼したことがあり、3パターンの案を提示してもらい5万円程度をお支払いしたことがあります。

けれども、著作権のある有料素材サイトのカンプデータ(サンプル)をそのまま公開していたり、ネット上の無料テンプレートを使用していたりと満足度はあまり高くはなかったため、最終的には自分で作り直すことになりました。

それ以来、全て自分自身で対応しておりますが、フリーランスの方に依頼する場合は人によってクオリティーに差があると感じています。

東京五輪エンブレムのデザインでさえ、盗用疑惑で再公募となりましたので、有名な会社だからといって安心というわけではありませんが、どちらかというとフリーランスの方より、法人の制作会社に依頼した方が安心感はあるかもしれません。