会社ホームページの作り方

会社のホームページを自分で作る場合、作成費用はドメイン代とレンタルサーバー代、あるいは素材費用ぐらいしかかかりませんので、実費でいえば、せいぜい年間1万円程度でも済ませることができます。

けれども、これをウェブ制作業者に依頼した場合、その作成費用は10万円~数十万円程度にまで跳ね上がります。他にも管理費用などが毎月かかるケースも多いです。
ホームページ制作会社の相場

これではぼったくりのようにも思えてしまいますが、それぞれの案件に応じて、その都度ウェブデザインを考える必要がありますし、打ち合わせや写真撮影、画像編集の手間、それにかかる人件費なども考えるとそう高くもない金額といえます。

定期的な依頼があるならまだしも、たいていは1回のみの依頼になるわけですし、個々のケースに応じて作成する必要があるため、費用を10万円程度からに設定しないとビジネスとしては成り立たないのかもしれません。

そのような意味で、業者に制作を依頼して10万円以上かかるのは仕方がないと思います。

けれども、クオリティーは高くなくても、単に会社情報を公開しておくだけの簡単なホームページでよいという経営者の方も多いと思います。そのような場合、当サイトを参考に自分で作成してしまうとコスト削減につながることでしょう。

会社ホームページを自分で作るのに適した企業とは?

自分で会社のホームページを作るのに適した企業でいえば、設立したばかりで法人口座を作るのに自社サイトが必要とか、あるいは名刺を作成するのに、とりあえずでも会社のドメインでメールアドレスを作っておきたいなどのケースがあてはまります。

起業したばかりで社会保険にも未加入、自分の役員報酬も未払いの状態で、売掛金の入金もまだまだ先というような社長さんは自分で作ってしまうとよいでしょう。

■自分で作るのに適した会社

  • 会社情報のみでよい企業
  • 法人口座の開設でホームページが必要
  • 名刺に記載するメールアドレスが必要
  • ホームページ上からの収益は期待していない
  • サイト上でユーザー登録などの必要がない
  • B to Bビジネスで一般ユーザーにアプローチする必要がない
  • 取引先が決まっており、ネット上で新規開拓する必要がない
  • 一般消費者から問い合わせがくることがない

一方、ネットショップや飲食業、あるいはクリニックなど、一般消費者にアプローチする必要がある場合、プロのウェブ制作業者に依頼して見栄えのよいサイトを作ることをおすすめします。

■ウェブ制作業者に依頼すべき会社

  • ホームページ上から集客して売上を期待している
  • 他店と比較される業種で差別化、ブランディングが必要
  • 一般消費者からの問い合わせがある
  • B to Cビジネスの会社

会社ホームページは誰も見ることはないだろうと思っていても、意外にみられることが多いです。親戚や友人はもとより、商工会議所とか取引先、保険や備品の法人営業、企業データの調査会社、法人カードの審査などで訪問されるケースが多いと思います。

見栄や世間体もあるでしょうから、自分で作ってあまりに酷いデザインになるようなら、ウェブデザイン業者に依頼することをおすすめします。

企業サイト作成のポイントは「co.jp」ドメインにあり

自分で作る際のポイントは、無料ホームページではなく、独自ドメインを取得して作成する点にあります。加えて、一般的な.comや.jpドメインではなく、法人組織専用のco.jpドメインを取得されると信頼性が高まることでしょう。

一般的な営利企業なら「co.jp」ドメインを、医療機関などの非営利法人なら「or.jp」ドメインを取得するのが最適です。

通常のドメイン価格よりは多少は割高にはなりますが、年間5千円程度ですみますし、登記情報のある法人組織でしか取得できないドメインになるため、そのドメインを使用していること自体が信頼性の証になります。

現在はネット上で登記情報の確認ができるため、全部事項などの証明書の提出も特に必要がなく、比較的、簡単に取得することが可能です。この独自ドメインの取得方法についてはこちらをご参照ください。

co.jpドメインを取得していれば、実際に登記されている企業といえますので、法人口座も比較的簡単に開設することができるはずです。(※最初はジャパンネット銀行がおすすめです。)また、名刺に記載するメールアドレスも取得した「co.jp」ドメインを使って作るとよいでしょう。

ホームページのデザインは後から何とでも修正できますので、業績がよくなってきた際にでも作り直すことができますが、ドメインについてはコロコロ変えることができません。

できるだけ、co.jpにて取得されることをおすすめします。

法人向けレンタルサーバーの契約は必要?

レンタルサーバーにつきましても、できるだけ法人向けを契約するのがベストです。

特にECサイトの場合、稼働率が1%違っても年間で3日分の売上がなくなってしまいますし、サイトの改竄などにより、会社のメールアドレスで大量の迷惑メールが送信されてしまった場合、企業としての信頼性が大きく損なわれます。

そういった意味で、稼働率やセキュリティーの高い法人向けレンタルサーバーがおすすめですが、会社情報のみの簡単なホームページでよい場合は、個人向けレンタルサーバーを利用しても特に問題ないでしょう。

企業認証タイプのSSLが最適

サイトのURLについても、最近はSSLを取得して常時HTTPS化することが必須となってきています。こちらも法人でしか認証できない企業認証タイプのSSLがあるため、可能であれば、そちらを取得してSSL対応ステッカーなども貼っておくと信頼性が高まります。

ただし、グローバルサインやベリサイン、ジオトラスト、あるいはシマンテックなどの有名ブランドはかなり高額な費用がかかります。

そのため、このSSL対応のコストを節約したい場合、無料SSLの「Let's Encrypt」などでも特に問題はないかと思われますが、契約するレンタルサーバーによって、無料SSLに対応しているかどうかはまちまちです。

レンタルサーバーによって利用可能なSSLブランドにも違いが出てくるため、レンタルサーバーとSSLの契約はセットで考えるとよいでしょう。

テンプレートの確保と会社情報の公開

上記のco.jpドメインを取得し、レンタルサーバーも契約しましたら、シンプルな無料テンプレートなどを利用して自分で作成することをおすすめします。
会社向けテンプレートはこちら。

ネット上で探せば、会社向けの無料テンプレートなどが公開されているはずです。

会社情報のコンテンツについては、事業内容や所在地、代表者の氏名などを公開しておくとよいでしょう。社内の画像なども掲載して、具体的な事業実態がわかる内容にしておくと法人口座開設の審査も問題ないかと思います。

もし、自宅兼オフィスで個人情報が心配な場合、個人情報のページのみクローラーを拒否しておくと検索ではヒットしなくなります。また、「東京都豊島区」などのように、市区町村までの公開で止めておくのもよいかと思います。

コーポレートサイト用のテーマを利用できるレンタルサーバー

通常、レンタルサーバーにはテンプレートは用意されていませんが、ビジネスユーザーをターゲットにしているレンタルサーバーには用意されていることもあります。

Z.com Studio
Z.comレンタルサーバー

Z.comレンタルサーバーには「Z.com WP」や「レンタルサーバー」などいくつかのサービスがありますが、そのうち「Z.com Studio」にビジネス用テンプレートが充実していました。

大塚商会
大塚商会のレンタルサーバー「アルファメール」

大塚商会にも会社向けのテンプレートが充実しています。

飲食店や美容室などお店用のサイトの場合

グーペ
お店のホームページ作成に最適なグーペ

こちらは会社というよりも個人事業かと思いますが、グーぺにはお店を経営しているユーザー向けのテンプレートが充実しています。飲食店やエステサロン、あるいは学習塾など、何らかのお店を経営している場合にはグーペを利用するとよいでしょう。

会社ホームページにSEO対策は必要?

会社ホームページで一番重要な点は、「社名」で検索した際に1位で表示されることです。

通常、「社名」は他社と被らないように登記しているはずですので、検索キーワードが競合せず、何もしなくても1位で表示されるはずです。そのため、一般的には自社サイトへのSEO対策は特に必要ありません。

けれども、無料ホームページを使用したり、あるいは検索でヒットしにくいHP作成ツールを利用している場合、企業データ調査会社のページやWikipedia、あるいはFacebookなどのページが1位にヒットしてしまうケースがあります。

このような場合、個人ブログや掲示板などで誹謗中傷のページがあれば、そちらが1番に表示されてしまうリスクもあるので、検索順位はチェックしておくことをおすすめします。

メールアドレスの設定

取得したドメインで会社ホームページが出来あがりましたら、名刺用に会社のドメインでメールアドレスも作成しておくとよいでしょう。
独自ドメインでのメールアドレスの作り方

また、問い合わせのメールフォームなども設置しておくことをおすすめします。エックスサーバーを契約した場合、無料で利用できるメールフォームのCGIが使いやすかったです。

会社ロゴの作成

会社のロゴ作成につきましては、こちらも自分で作成することもできますが、センスが必要になるので業者に依頼することをおすすめします。

その際、名刺やパンフレット、あるいはネット上のホームページなどでものちのち使用する機会が多くなるため、元になるphotoshopやillustratorなどのデータファイルももらっておきましょう。

ブランディング画像の確保

会社ホームページの顔となるブランディング画像は、お店や社内の雰囲気が分かるものを自分で撮影するのが望ましいです。けれども、素人感がモロに出てしまうようなら、有料の画像素材サイトでプロが撮影したものを購入して対応するとよいでしょう。

購入した画像はそのまま使うのではなく、photoshopなどのツールをつかい、すりガラス効果やグラデーションをかけたり、会社のビジョンを文字入れしたりしてスタイリッシュな形に仕上げることをおすすめします。

あとはネット上からjQueryを拾ってきて、画像をくるくる回しておけば、会社ホームページっぽい雰囲気が出てくるかと思います。

社長ブログやスタッフブログの設置

会社情報のホームページが出来あがりましたら、そのドメインの下に「blog」などのサブォルダを設置したり、あるいはサブドメインを設置するなりして、社長ブログやスタッフブログなども作って情報発信するのもよいかもしれません。

頻繁に更新するブログは「WordPress」や「Movable Type」などのCMSを設置して、そちらの方で更新すると便利です。

ホームページ作成費用の仕訳処理について

ホームページ作成費用の仕訳につきましては、業者に作成を依頼した場合は広告宣伝費、開業費、繰延資産、あるいはプログラムの有無によってはソフトウェアなど、規模や費用によってケースバイケースです。

作成費用も会社によって幅があり、大規模ECサイトなどのように何億円もかかる企業もあれば、自分で作成した場合などは1万円で済むケースもあり、仕訳処理にも違いがあります。

更新頻度なども関係してくるようで、効果が1年以上に及ぶかどうかなどもポイントになるみたいですので、税理士さんにご確認されることをおすすめします。

もし自分で作成した企業情報のサイトでメールぐらいしか使わない場合、ドメイン代もサーバー代も通信費で処理するのが妥当かと思います。