CMSでのホームページ作成方法

CMSは「コンテンツ・マネージメント・システム」の略で、文章や画像といった様々なコンテンツを効率よく管理するためのシステムのことです。CMSを使えば、HTMLタグなどの知識は必要なく、直感的にウェブサイトを構築することができます。

概ね、CMSは無料ブログの管理画面のようなものになりますが、レンタルサーバーに管理画面のシステムをインストールすることでウェブ上でサイトを更新することができます。そのため、どちらかといえば、ホームページというよりもブログに近い形になるかもしれません。

無料ホームページスペースには導入することはできませんが、レンタルサーバーでホームページを作成する場合には、CMSをサーバーへインストールすると更新作業が楽になります。

例えば、ホームページを更新して新しいページを追加した場合、サイドバーなどの新着記事の箇所にその新しいページへの内部リンクを掲載するかと思います。

この場合、通常のホームページでは全ファイルのサイドバーの箇所をパソコン上で編集したのち、レンタルサーバーへアップロードして更新する必要がありますが、ページ数が多ければ、その更新作業は膨大で手間のかかるものになります。

一方、CMSでホームページを管理する場合、CMSの管理画面にてサイドバーの箇所を編集するだけで自動的に全てのファイルに反映されます。また、ウェブ上にて作業が完了するため、ファイルのアップロードなどの手間もかかりません。

特に大規模なウェブサイトを運営する際には、ホームページ作成ソフトよりもCMSの方が便利かと思います。代表的なCMSにはWordPressMovable Typeなどがありますが、いずれもパソコン上ではなく、ウェブ上でサイトを更新するためのサーバーサイドのツールになります。

「WordPress」と「Movable Type」の違い

CMSにもいろいろありますが、「WordPress」や「Movable Type」の人気が高いです。

WordPress
https://ja.wordpress.org/

WordPress

「WordPress」はアクセスがある度にデータベースからデータを引っ張ってきて、その都度ページが表示される動的なホームページです。そのため、HTMLファイルなどの現物はサーバー上には作成されません。

WordPressはホワイトハウスなどの大規模サイトでも利用されており、CMSのシェアが高く、オープンソースなので無償で利用することができます。

Movable Type
https://www.sixapart.jp/movabletype/

Movable Type

一方、「Movable Type」は実際にHTMLやCSSファイルの現物がサーバー内にて作成され、アクセスがあるたびにページを表示する静的なホームページになります。

通常のホームページと同様、Movable TypeでもHTMLやCSSファイルがサーバー内に出力されるため、HTMLタグを手打ちして作っている方にとってはMovable Typeの方が理解しやすいかもしれません。

企業や大学などのホームページでよく利用されており、商用パッケージ型のCMSとして人気がありますが、非営利の場合は個人向けの無償ライセンスも利用することができます。

CMSで作成するメリットとデメリット

CMSはHTMLタグやCSSの知識は必要ないため、初心者の方でも簡単にサイトを構築できるメリットがあります。

CMSサイト → タグの知識:不要

  • Movable Type(サーバー上に設置、静的サイト)
  • WordPress(サーバー上に設置、動的サイト)

一方、当サイトでご紹介しているようなHTMLとCSSで作る一般的なホームページの場合、タグの知識は必要になります。

HTMLサイト → タグの知識:必要

また、CMSはテンプレートを豊富に利用できる点でもメリットがあります。無料テンプレートなどを利用すれば、CSSの知識がない方でもそれなりのデザインのサイトに仕上がるはずです。

一方、デメリットについては、ページごとに個別に設定するような場合は難しい傾向があります。

特定のページのみのを個別に変更したい場合、CMSでは全ページが一括で変更されてしまうため、1部のページのみを個別に対応するようなことには弱いです。メタタグの説明文やOGP画像の設定など、ページごとに個別の対応が必要な場合は弱い印象があります。

CMSを利用する際のレンタルサーバーの選び方

CMSを利用する際、MySQLのデーターベースの利用が可能なレンタルサーバーを選択されることをおすすめします。また、サーバーモジュールなども関係してきますので、利用したいCMSに対応しているかどうかも事前によく確認しておきましょう。

静的なホームページを比較すると、WordPressで更新する場合はレンタルサーバーの転送量も多くなってしまう傾向があります。アクセス数が多いサイトの場合は格安サーバーでの運用は避けた方がよいかもしれません。

また、以前まではMovable Typeの人気が高かった印象がありますが、最近ではWordPressが主流になってきており、WordPressに特化したレンタルサーバーが多くなってきました。

WordPress専用のサーバーにMovable Typeをインストールしようとしても、ファイルの転送が途中で途切れたり、モジュール不足などで利用できないことも多いです。利用したいCMSに対応しているかどうかは事前に確認しておくことをおすすめします。