HP付属のジオログも作成

サイトをホームページの形式で作成している場合、自動的にリンク関係は構築されないため、更新作業は多少苦しいものとなってしまわざるを得ません。

当ホームページも正直めんどうくさくなってきたなって思ってたんですけど、本来、ホームページというのはあまり更新するというものではなく、内容などは固定させておくというのが一般的なのだろうと思います。

ただ、ジオシティーズには付属のジオログというブログ的なツールがあるようなので、ホームページの更新作業はそちらを使ってやっていくことにしようと思っています。さっき、わたしが作成してみたジオログはこんな感じのジオログです。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/freehomepageblog

けっこう、シンプルな感じのブログ的な更新ツールですので、わりと簡単に更新ができるのではないかなと思います。感じとしては日記ツールと若干似ているような気もしないではないです。

【追記:】ジオログは2014年6月8日をもって終了致しました。

ジオログの階層やホームページとしての立場

このジオシティーズに付属している半分ブログのような更新ツールのジオログですが、ホームページ的な立場としてはHPでもないし、かといってブログといっていいものかどうか、多少迷ってしまいます。

ブログといえば、やはりヤフーブログが有名だと思いますが、このジオログもブログの部類には入るのかもしれません。

ドメイン的な感じからすると、「無料ホームページ」と「ジオログ」とではドメインが違うようですので、相互リンクの形をとると外部サイトからの被リンク扱いになるかと思われます。

www.geocities.jp:無料ホームページ
geocities.yahoo.co.jp/gl:ジオログ

このジオログのドメインは、ヤフー本体( yahoo.co.jp )に加えられた geocities というサブドメインのふたつ下の階層にあたるようです。ですので、一応はyahooからのリンクという形になるかと思われます。

一方、無料ホームページスペースのドメインの場合は、geocities という独自ドメインのひとつ下の階層にあたるかと思います。ですので、ヤフーのサービスではあるのでしょうけれども、ドメイン的にいえばヤフーではないです。

ちなみに、ドメインの種類についてはこちらを、、
ホームページのドメインとは?

つまるところ、ジオログで作成したサイトは、ドメイン的には違うサイトとみなされるので、被リンク対策に有効なのではないかって気がするんです。

更新頻度の方ですが、トップページでちらっとみてみると、だいたい1分間に10記事は更新されているようなので、かなりの利用者がいるものと思われます。ジオシティーズを作成した際には、ついでに取り入れてみるのもいいかと思います。

ホームページにブログを設定する際の2パターン

スタッフブログや社長ブログのように、ホームページに最新情報などを更新するためのブログを設置するケースもあるかと思います。

その際には以下の2パターンの作り方のされるケースが多いです。

①本サイトに「blog」フォルダを作成し、ディレクトリ下に設置
→ www.example,com/blog/
②サブドメインを設置し、外部サイトとして作成
→ blog.example.com
③無料ブログサービスを利用する

①の場合は、ディレクトリ下で更新するたび、ホームページ本体としてのページボリュームが増えていくため、SEO対策に役立つというメリットがあります。

一方、②の場合、サブドメインは独立したサイトとして扱われますので、外部からのリンクを獲得するという意味でSEO対策上のメリットがあります。また、①と比較するとブログ自体も検索でヒットしやすいです。

もし、よく更新することが予定されていて、ページボリュームが多くなるブログの場合は、②のようにサブドメインを設置して、独立したサイトとして作成する方がよいでしょう。

一方、たまに最新情報を更新する程度のサイトでしたら、①のように、フォルダ分けをしてそのままディレクトリ下に設置してしまう方がよいです。

③のように、外部のサービスを利用するのもよいかとは思いますが、長期的に運営するのでしたら、自分のドメインの管理下に設置する方が安心できるかと思います。

いずれの方法をとるにしても、CMSなどを利用してブログを設置し、テンプレートをカスタマイズして本サイトと似たようなデザインで違和感が出ないようにすることをおすすめします。