エックスサーバーはコスパの高い格安サーバー

当サイト運営者は複数のサイトを運営していますが、主要サイトはすべて、こちらのエックスサーバー系列のレンタルサーバーに設置しております。

XSERVER(エックスサーバー)
 (月額900円~)

当サイト「ホームページの作り方」につきましては、ワンランク上のシックスコアを利用してますが、最新のエックスサーバーではSSDによる高速化に加え、高性能なCPUとメモリ(192GB)が搭載されているため、むしろこちらの方が快適な気もしています。

  • エックスサーバー(人気・多機能・快適・独自SSLが無料・マルチドメイン無制限)
  • シックスコア(ビジネス向け・少人数制・料金高め)
  • wpX(WordPress専用)

(※X2はサービス終了:エックスサーバーに統合)

全て「エックスサーバー株式会社」の運営によるものですが、なかでもメインのエックスサーバーは知名度が高く、人気のレンタルサーバーとなっています。

シックスコアやX2(※終了)は少人数制でメリットがありますが、機能的にはエックスサーバーでもそれほど大きな違いはないです。本格的なネットショップ運営などのビジネス用途でない限り、エックスサーバーでも十分に高機能です。

こちらはエックスサーバーの管理画面ですが、ウェブメールやログ解析ツール、ファイルマネージャー、CMS設置の際のデータベース、あるいはCGIツールなどホームページ作成に必要な機能はほぼすべて揃っています。

エックスサーバーの管理画面

ただ、エックスサーバーは3年一括払いで月900円の格安とはいえ、ロリポップやさくらインターネットでは月額数百円から利用できるので、それらと比較すると割高に感じるかもしれません。

けれども、さくらインターネットやロリポップなどの老舗サーバーは昔からあるサーバーのため、ファイルマネージャーが最近のワイドモニターには対応しきれていないなどのデメリットもあり、当サイトでご紹介しているようなHTMLタグを手打ちする作り方をする際にはエックスサーバーの方が使いやすいと感じています。

ファイルマネージャーは大きめの編集画面で使いやすく、HTMLを直接編集してホームページを作成する場合でもストレスがたまりません。

ファイルマネージャー

また、マルチドメイン対応(無制限)なので、複数のサイトを運営する際にも利用しやすいです。加えて、「WordPress」や「Movable Type」の自動インストール機能もあるので、当サイト運営者が作成したときはボタンひとつで簡単にCMSを設置することができました。

そのほか、メールソフトやメールフォームのCGI、あるいはアクセスログの解析ソフトなども使いやすくて便利と感じています。

総合的に考えて、エックスサーバーは機能的にバランスのとれたレンタルサーバーといえるでしょう。

エックスサーバーは無料で独自SSLの使用が可能

無料の独自SSL「Let's Encrypt」に対応

エックスサーバーは独自SSLの「Let's Encrypt」が無料で利用できる点にも特徴があります。

独自SSL 無料

管理画面から無制限に独自SSLを設定することができます。

Let's Encrypt

その他の独自SSLブランドも有料オプションで設定可能

この無料SSLの「Let's Encrypt」は日本語ドメインには対応していませんが、オプションで格安独自SSLブランドの「RapidSSL」(年額1,500円~)や「CoreSSL」(年額1,000円~)なども利用することができます。

このオプションの方の独自SSLは料金を払い込んだ後、「インフォパネル」の「ご契約一覧」より取得申請しますが、特に難しい点はなく簡単に取得することができます。

独自SSL

同社のX2(エックスツー)でもRapidSSLを使用することはできますが、年額1万円からと料金が高めに設定されています。また、シックスコアでもSSLの料金は高いため、独自SSLでサイトのhttps化を予定されている場合は、無料の独自SSLを無制限で利用できるエックスサーバーが使いやすいといえるでしょう。

エックスサーバーの料金プラン

お試し期間が最大10日間ありますが、課金の始まるタイミングがありますので、月末よりも月はじめに無料お試しを申し込んだ方がよいでしょう。お試し申し込み日の翌月1日からの契約開始となるため、月末に申込みをすると翌月の1日からすぐに契約期間が開始されてしまいます。

プランには3年一括払い(月900円~)などもありますが、一般的な年間一括払いの場合、X10(200GBで月1,080円)、X20(300GBで月2,160円)、X30(400GBで月4,320円)の3種類があり、初期費用が別途に3,240円かかります。

たまに初期費用半額などのキャンペーンがやっていますのでチェックしてみるとよいでしょう。そのほか、独自ドメインのプレゼントキャンペーンを見かけたことがあります。

シックスコアやX2サーバーとの比較

ちなみに、ワンランク上のビジネスユースにはX2(※終了)や法人向けのシックスコアもあり、当ホームページはシックスコアを利用しております。

シックスコアについては少人数制で安定性が高いものの、月1,944円で容量が50GB、独自ドメインの設定が「5つ」までとなっており、無料の独自SSLも利用できません。また、「X2」についてはマルチドメイン無制限で容量100GBではありますが、こちらも月1,944円となっています。

一方、エックスサーバーでは月1,080円で容量200GB、マルチドメイン無制限、加えて無料の独自SSLも利用できるため、サーバーに少人数制を求めない場合はエックスサーバーでも十分かと思います。5年前から契約しているシックスコアの環境は依然としてHDDですし、メモリも16GBのため、最新のエックスサーバー(SSD、192GBメモリ)の方がむしろ快適な気もしています。

そのほか、当サイト運営者はCMSは利用していませんが、ブログを作成する際にはWordPress専用のwpX(ダブリューピーエックス)の選択もあります。

用途に合わせて最適なレンタルサーバーを比較されることをおすすめします。