ロリポップ!のレンタルサーバー

ロリポップは東証JASDAQ上場のGMOペパボ(株)運営による老舗のレンタルサーバーです。
具体的で分かりやすいマニュアルが充実しており、女性や学生のユーザーに多く利用されています。

ロリポップ!

マルチドメイン対応で無料独自SSLにも対応しており、サイト運営に必要な機能はすべてそろっています。問合せのサポート体制についても充実しているため、初心者の方に最適なレンタルサーバーといえるでしょう。

ロリポップの料金プランを比較

シンプルなホームページの場合は月額100円のエコノミープランがあり、こちらの格安プランでも容量が10GB、マルチドメイン数が20個あります。当サイトでご紹介しているような静的なホームページで作成する際には、エコノミープランでも十分な容量かと思います。

ただし、エコノミープランではWordPressを利用できないため、CMSを利用する場合にはデータベースの利用が可能なライトプラン以上を選択されるとよいでしょう。

  • エコノミープラン:月額100円~、初期費用1,500円
  • ライトプラン:月額250円~、初期費用1,500円
  • スタンダード(※旧チカッパ):月額500円~、初期費用1,500円
  • ハイスピード(※LiteSpeed+SSD):月額1,000円~、初期費用3,000円
  • エンタープライズ:月額2,000円~、初期費用3,000円

エコノミープランではデータベースの「SQLite」は利用できるものの、「MySQL5」は利用できないため、「WordPress」などのCMSを利用して作成する際には上位プランの「ライト」か「スタンダード」、「ハイスピード」を利用されることをおすすめします。

特に、最新のハイスピードプランでは次世代サーバーのLiteSpeedと高速SSDが採用されているためWordPressとの相性は抜群です。そのほか、ビジネスに最適な「エンタープライズプラン」などもあります。

ロリポップはGMOペパボ株式会社の運営になりますが、同社のレンタルサーバーにはワンランク上の「ヘテムル」もあり、そちらも管理画面が使いやすくおすすめです。

オリジナルのファイルマネージャーで使いやすい

ロリポップのファイルマネージャーは海外製のcPanelなどではなく、オリジナルの編集画面で日本語に対応していて使いやすいです。このファイルマネージャーを使用する際は「WEBツール - ロリポップ!FTP」の箇所から利用できます。

ロリポップの管理画面

CMSではなく、ファイルマネージャーやFTP接続などで静的なHTMLサイトを作成する場合、データベースの機能は特に必要はないため、月額100円のエコノミープランでも特に問題ないかと思います。

CMSの利用はライトプラン以上から

一方、WordPressなどのCMSをインストールして、そちらの管理画面でブログを作成する場合、データベースの利用が可能なライトプラン以上を契約する必要があります。MySQL5の利用可能数はライトプランで「1個」、スタンダードで「30個」、ハイスピードで「70個」までとなっています。

Movable Typeについては利用できるプランとできないプランがあり、お試し期間中にチェックされてみることをおすすめします。当サイト運営者の場合、「ライト」では利用できましたが、「ハイスピード」では利用できませんでした。

また、GMOペパボ株式会社が運営している無料ブログサービスにJUGEM(ジュゲム)があり、こちらとほぼ同じ仕様の「ロリポブログ」という付属ツールも利用することができます。初心者の方はそちらでブログを作成してみるのもよいでしょう。

個人向け格安レンタルサーバー

法人向けや独自ドメインの取得