サイトのアクセスログから個人を特定できる?

掲示板やホームページの管理者、あるいはレンタルサーバー事業者などがアクセスログを保存している場合、公的機関を介した正当な手続きを踏めば、ログに記載された訪問日時IPアドレスからアクセスした個人を特定できる可能性があります。

例えば、コメントが書き込まれた日時のログが以下のように残っていたとします。


111.11.11.11 - - [15/Jan/2001:00:05:12 +0900]


この場合、IPアドレスが「111.11.11.11」である訪問者が、日本時間(+0900)の2001年1月15日の0時5分12秒にアクセスしたことを意味していますが、このIPアドレスはJPNICなどの組織が管理して割り当てているため、どのプロバイダ会社に割り当てているのかまでは調べれば判明します。

JPNIC WHOIS Gateway - JPNIC」などでIPアドレスを元に調べれば、どのプロバイダ会社を使っている人が書き込んだのかまでは判明するはずです。

例えば、ソフトバンクのスマホの場合、ソフトバンクモバイル株式会社に割り当てられているIPアドレスはこのような範囲になります。

ソフトバンクモバイル IPアドレス

もしIPアドレスがこの範囲内に該当していれば、それはソフトバンクのスマホからアクセスした可能性が高いといえます。

たまに、書き込みをした人のIPアドレスが表示される掲示板もありますが、このIPアドレスがわかれば、どのプロバイダ会社を使っているのかまでは個人でも調べようと思えば調べられます。

ただし、それ以降、一般の個人がプロバイダ会社に「2001年1月15日の0時5分12秒にIPアドレス111.11.11.11を割り当てた契約者の名前と住所、電話番号を教えてください。」と聞いてもまず教えてはくれません。

ここから先、個人を特定するには捜査権限のある警察などでしか調査することができなくなります。

そのため、掲示板やホームページなどに書き込みをした個人を特定するには、「サーバー会社などのアクセスログからIPアドレスを入手すること」に加え、「プロバイダ会社から契約者の個人情報を入手すること」が必要なため、ここまで調査するのは一般の個人ではまず不可能です。

ただし、弁護士などを通じて法的な措置を取れば、個人を特定することは十分に可能といえます。

サーバー会社などでログの保存期間がどのくらいに設定されているかは不明ですが、ログが廃棄された後では調べようがなくなってしまうため、誹謗中傷を受けているなどの事情で調査を依頼する場合にはできるだけ早めに対応するとよいでしょう。