GDPRによるWhois代理公開への影響

こちらは日本ではなく、ヨーロッパでの話になりますが、2018年5月25日からEU域内の個人データ保護を規定する法律として「GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)」が施行されました。

これにより、whoisでEU域内のユーザーの個人情報を公開することが禁止になるため、海外のドメイン取得事業者を利用している場合などはwhois代理公開を設定する必要がなくなります。

このGDPRはEU域内のユーザーが対象となるため、日本のユーザーは関係ないと思われてましたが、実際にはユーザーがEUかどうかの判定が困難なためか、一括で個人情報を非公開にしているレジストラも多いと感じています。

当初は事業者側が1年程度の猶予期間を求めていたようですが、EU側は応じられないとのことで、現在でも既にwhois情報で個人情報が表示されなくなってきています。

これは事業者の代理公開というよりも、そもそも何も表示されず、空白が表示される形での非公開のケースが多いと感じています。

バリュードメインの例

例えば、バリュードメインでは「eNom」や「KeySystems」、「GMO」などの事業者を選択できますが、海外の「eNom」などで登録しているドメインについては、以下のように、個人名や住所、メールアドレスなどが何も表示されなくなりました。

eNomのwhois情報

ただし、主に海外の「eNom」の場合かと思いますので、現状では日本の「GMO」などの場合には当てはまらないかと思います。

FC2ドメインの例

FC2ドメインではヘルプページで以下のように記載されていますが、代理公開してもしなくても個人情報は表示されない仕様に変更になりました。

2018年5月25日より下記の仕様変更があったため、お客様の情報を公開しても弊社登録情報を公開している場合も同じ情報が表示されるようになりました。
(※以下、省略)

これは、FC2ドメインの上位レジストラの「eNom」が海外の事業者のため、そのような仕様に変更になったのだろうと思いますが、アメリカなどの事業者でもEUでも活動している場合は仕様が変更になったと感じています。

当サイト運営者の場合、FC2ドメインや海外の事業者で登録しているドメインも多いため、この2018年5月のGDPR施行により、全体の3割~4割ぐらいはwhoisの代理公開の設定が不要になったと感じています。

けれども、日本では概ねwhois代理公開が必要なため、全てではなく、非常にまちまちのようです。そもそも大半のユーザーがデフォルトで代理公開しているかと思いますので、日本でもGDPRに準拠すべきかと思いますが、現状では海外レジストラ限定の話となっているようです。