W3C Validでウェブ標準な作り方

htmlやcssの書き方にも決まりがあり、W3C(World Wide Web Consortium)という国際的な非営利団体がその仕様を決めています。

Firefoxやchorome、サファリ、あるいはIEといった各社のブラウザも、このW3Cの仕様に対応した形で開発されているので、どのブラウザでサイトを閲覧しても、基本的にはほぼ同じように表示されます。

ホームページを作成する場合にも、このW3Cの規格に準拠した形でhtmlとcssを作っていけば、サイトが大きく崩れてしまうといったことはありません。またSEO対策の面でも、適切にhtmlやcssが書かれているサイトの方が有利といわれています。

サイトが正しく書かれているかどうかを検証することを、バリデーション(validation)とか、バリデート(validate)と言われており、以下のサイトでチェックすることができます。

HTMLのチェック

HTML文書の文法チェック
Another HTML-lint gateway

Markup Validation Service
http://validator.w3.org/

CSSのチェック

CSS Validation Service
http://jigsaw.w3.org/css-validator/

例えば、当サイトをチェックしてみますと、2つエラーが発生しており、DTDの箇所に空白を入れていなかった点がNGとなっているみたいです。

このような点をできるだけ修正していき、できるだけW3Cに準拠した形でウェブ標準なホームページの作り方をするのが望ましいとされています。

サイト全体を一括でチェックできるvalidator

ページ単位ではなく、サイト単位で一括でチェックするツールは有料のケースが多いです。
W3Cの有料版に「W3C Validator Suite」がありますが、こちらは1,000ページあたり27ドル(3,400円程度)で利用できます。
W3C Validator Suite(英語版のみ)

追記:2015年8月5日、こちらの有料サービスは終了になりました。

ただ、タグのひとつやふたつ抜けていたとしても、たいていは正しく表示されますし、検索エンジンでのランキングに大きな影響が出てくるわけでもないです。

大手のサイトをチェックしてみてもエラーが連発してますし、それほど細かく気にする必要はありませんが、ウェブ標準でないより、ウェブ標準であった方がよいのは確実ですので、時間のある時にでもチェックされてみることをお勧めします。