独自ドメインの取得方法

独自ドメインを取得するのが先か、レンタルサーバーを契約するのが先かでいえば、サーバーをチェックしてから独自ドメインを取得するとよいかもしれません。
といいますのも、レンタルサーバーを契約すると独自ドメインを無料で1個プレゼントされるケースもあるからです。

レンタルサーバーの比較情報はこちら

けれども、ドメインの専門会社で取得する場合と比較すると、レンタルサーバー会社でついでに取得する場合は更新料金が高めになる傾向があります。加えて、whois代理公開やドメイン移管など利便性の面でも差があります。

  • サーバー会社でついでに取得 → 価格は割高、設定は簡単。
  • ドメイン専門会社で取得 → 価格は安いが、設定は複雑。機能充実。

そのような理由で、もし自分で設定できる場合は、サーバー契約とは別にドメインの専門業者で取得するのが一番安上がりになるはずです。

現在のレンタルサーバーは、たいていはどこでも「持ち込みドメインOK」となっていますので、ドメインの取得とサーバーの契約を別々にしても何ら問題はありません。
例えば、さくらインターネットでサーバー契約をして、このさくらでは独自ドメインを取得せず、格安のバリュードメインで取得して利用することもできます。

ドメインの設定方法につきましても、マニュアルを参照すればそれほど難しくはありません。
独自ドメインの設定方法

また、取得したドメインで自分だけのメールアドレスを利用することもできます。
独自ドメインでのメールアドレスの作り方

独自ドメインを取得する際の人気の格安業者

当サイトの管理人はバリュードメインやムームードメイン、godaddy、livedoor、bigrock、ヤフーやFC2、お名前ドットコムなどで合計300個程度の独自ドメインを取得していますが、バリュードメインやムームードメインがおすすめです。

  • バリュードメイン
    デジロック運営の格安サービス。機能が充実しており、ユーザー間でのオークション機能などもあります。同社の格安サーバーであるxreaやcoreserverとの連携がしやすいです。

  • ムームードメイン
    マニュアルが充実していて初心者安心、GMOペパボ(株)運営による人気サービスです。同社格安サーバーのロリポップやヘテムルとの連携も簡単です。

  • エックスドメイン
    ドメイン取得については最近出来たサービスですが、サーバー運営ではエックスサーバーなどで古くから定評のある会社です。WHOIS代理公開や無料レンタルサーバーも利用できます。

  • お名前.com
    GMOグループで有名なドメインの取得事業者です。ドメインのリセラ(再販業者)ではなく、レジストラ本体なので信頼性が抜群です。法人でco.jpなどを取得する際はこちらを選択するとよいでしょう。

  • FC2ドメイン
    利用料金がぶなんで、whois代理公開なども特に問題なく利用できます。fc2サービスとの連携がよく、他社サーバーでも問題なく設定できます。(2016年3月1日から値上げ予定)

  • NameSilo
    日本語には対応していませんが、円高の際には費用を安く抑えることができます。whois代理公開も無料です。支払いにはPaypalを利用するとよいでしょう。

昨今の円安の影響により、2015年の2月中旬以降、各社にて値上げが実施されましたが、2016年の現在では再び円高になってきています。そのうち、値下げや円高還元セールが実施されるかもしれません。

円高の時は「NameSilo」や「GoDaddy」などの海外業者を利用するのも良いかと思いますが、海外の場合はwhois代行にも別料金のかかるケースが多いです。できるだけ、国内の事業者を利用するとよいでしょう。

~ whois代理公開の有無 ~

ドメインを取得する場合、whoisに登録者情報(氏名・住所など)が公開されることになりますが、上記のうち、エックスドメインやバリュードメインなどを利用すれば、whois情報を無料で代理公開してくれます。お名前ドットコムの場合は、移管の際の代理公開で980円がかかる場合があります。

この代理公開を利用すれば、事業者名義でwhoisが公開されますので、自分の個人情報が公開される心配はありません。
whois代理公開で個人情報を保護

このwhois代理公開の機能は、海外などではほぼ有料ですし、国内でも上記の事業者以外では設定できないケースも多いです。できるだけ、代理公開が無料の会社を利用するとよいでしょう。

ドメインネームの選び方

.comや.net、.org が圧倒的に多い

個人でドメインを取得する際は com や net、org がおすすめです。
他にも、jp や biz, infoなども人気がありますが、us や tv ドメインなど、普段、ネットで検索していてあまり見かけないものは避けた方がよいでしょう。

インターネット上に1億以上存在するドメインのうち、圧倒的に多いのが.com で、次に.net や.org の順となっており、この3種類でその大半を占めています。

もし数年後、取得したドメインの人気が高くなった際に手放すことになったとしても、この3種類なら、オークションサイトなどで世界中の人から入札の入る可能性もあります。

一方、jpドメインなどの国別トップレベルドメインの場合、日本人以外はほぼ取得しませんので、売却するにはあまり人気がないかもしれませんが、信頼性は高い傾向にあります。

法人向けに最適なco.jpやor.jpドメイン

一方、法人で取得する場合には、属性型JPドメインのco.jpやor.jpドメインを選択されるとよいでしょう。これらの属性型JPドメインは、法人の登記情報を確認した上でその組織でひとつしか取得できないドメインになりますので、取得する際のハードルが高くなります。

その為、個人で気軽に大量に取得できるcomやnetとは違い、co.jpやor.jpなら転売目的で取得されるケースが少なく、実態のあるサイトばかりといえますので、信頼性が高いといえます。

一般的な営利企業でしたら「co.jp」、医療関係などの非営利法人でしたら「or.jp」を選択されるとよいでしょう。

特に、法人に定評がある大塚商会の「アルファメール」なら、サーバー契約のみでco.jpドメインを無料で取得できます。
大塚商会のアルファメールはこちら。

SEO対策を考慮に入れたドメインネーム選び

ドメインを取得する際は、サイト内容と関連していて短めの方が利便性がよいです。
携帯のメールアドレスの場合、迷惑メール対策で適当な文字列を入力する方もいますが、ホームページのアドレスの場合は、できるだけ誰にでも察しが付くURLにしましよう。

また、関連するキーワードが入っていた方がSEO対策の面では有利です。

例えば、当サイトの場合、多少長いURLになってしまいましたが、URLに「ホームページ」の文字を入れています。

www.homepage-tukurikata.com

URLにこれらのキーワードが入っていると、「このサイトはホームページに関連するサイト」と認識されますので、結果として検索エンジンで上位に表示される確率が高くなるわけです。

ちなみに、当サイトではハイフンを入れてますが、ハイフンは入れない方がかっこよいでしょう。

また、ドメインにSEO対策面での効果を期待する場合は、期限切れのものを再取得するオールドドメインという選択もあります。
オールド・中古ドメイン取得方法

こちらは現在ではあまり有用ではなくなってきておりますが、利用されている方も多いです。