フォルダ分けによる階層化

ホームページを作成する際は、コンテンツのカテゴリーやファイルの種類に応じてフォルダ分けをしながら作成していきましょう。

  • カテゴリに応じたフォルダ分け
  • 画像専門フォルダ → 「image」や「img」など
  • 携帯サイト用フォルダ → 「m」や「i」など
  • CSS用のフォルダ → 「css」など

例えば、料理のレシピに関するサイトなら、「中華」や「イタリアン」、「和食」などコンテンツの種類に応じてカテゴリ分けをし、それぞれ「chinese」や「italian」、「japanese」などのフォルダ名でグループ化していきます。

あるいは、jpgやpng、gifなどの画像ファイルについては、通常のhtmlファイルとは区別して画像専用のフォルダを作成し、そちらの方にまとめておきましょう。この画像フォルダについては、「image」や「picture」、あるいは「img」などのフォルダ名で作成するのが一般的です。

ほか、ガラケー用の携帯サイト(フィーチャーフォン用サイト)も作成している場合は、「m」や「i」などの専用フォルダを作成してモバイル用ファイルをまとめておきます。

CSSについても、分割してファイル数が多い場合には「css」などのフォルダ名でまとめておくとよいですが、ひとつのみの場合はルートディレクトリにそのまま設置しておきます。

ルートディレクトリとは?

ルートディレクトリ

一番上の階層はルートディレクトリと呼ばれており、その下にフォルダを作成することにより、ホームページが階層化していきます。フォルダ分けした階層は、ルートディレクトリに対して「サブディレクトリ」、あるいは「サブフォルダ」などともよばれています。

一般的にルートディレクトリには、トップページの index.htmlファイルやスタイルシート、robots.txtや.htaccess、sitemap.xmlなどの重要なファイルを置く場所となっています。個別のページはその下にフォルダを作って作成していくケースが多いです。

けれども、下の階層に行くに従い、検索エンジンではヒットしにくくなる傾向があるため、ページ数の少ないホームページの場合は無理にフォルダ分けをせず、すべてルートディレクトリに設置しておくことをおすすめします。

フォルダ名と表示されるURLの関係

作成したフォルダとURLの関係ですが、当ホームページを例に見てみますと、「hp」というフォルダと画像用の「image」というフォルダを作成しています。

サブフォルダ

主に「hp」にはホームページの作り方に関するページを、「image」には画像ファイルを詰め込んでおります。今後、アクセスアップに関するページは「access」のフォルダに、ドメインに関するページは「domain」のフォルダを作成していく予定でおります。

これらのフォルダに詰め込んだファイルは、実際のURLでは以下のように表示されることになります。

フォルダ名

「ホームページのURL/フォルダ名/ファイル名」という順序です。

フォルダ名には「.html」などの拡張子は必要なく、任意の小文字英数字を指定できますが、画像フォルダなら「image」などのように、意味のある関連性のある名前を付けるようにしましょう。

具体的なファイル名の付け方につきましては、こちらのページをご参照ください。
個別ページのファイル名の付け方

階層が「浅い」と「深い」の違い

ホームページの階層が浅いとか深いという表現のされることがありますが、通常はルートディレクトリが一番浅い階層にあたり、それ以降、フォルダ分けがされるごとに深い階層になっていきます。

けれども、検索エンジン対策(SEO対策)の意味でつかわれる場合には、トップページからのクリック数で階層の浅い深いを判断されることもあります。トップページからワンクリックで移動できるページは浅い階層のページ、何クリックもしないとたどり着けないようなページは深い階層のページという意味で使われることもあります。

一般的に、ルートディレクトリに近い階層の方が内部リンク数が多くなる傾向がありますし、また、重要性の高いページと認識される傾向があるため、検索エンジンでヒットしてほしい重要なページについては浅い階層へ設置しておくことをおすすめします。

フォルダわけは必要なことではありますが、かといって、フォルダをたくさん作っておいて中は空だったという場合は検索エンジン対策上はあまりよくありません。

意味のないフォルダ分けは避け、それぞれのフォルダである程度のボリューム感が出るようにしておくとよいでしょう。