段落分け<p>タグと改行<br>の違い

ブログで記事を作成する際は、編集画面でエンターキーを押して改行をすると、そのまま自動的に改行タグの<br>が html に反映されますが、ホームページで文章を作成する場合は、自分で改行タグを記入しなくてはいけません。

<br>のhtmlタグひとつを記入するとその箇所で改行され、さらに連続してもうひとつ記入する<br><br>と、一行の空白が空くことになります。

行間を一行空ける場合には、この改行タグをふたつ記入する方法のほかにも、段落わけのPタグ<p>を使用すると一行の空白を作ることができます。

BRタグは単体で機能しますが、段落わけのPタグは開始タグ<p>と終了タグ</p>の両方をセットにして段落のはじめと終わりに記入します。

このように html に記入すると、次のように表示されます。

【例:】
段落分けはPタグを使いましょう。
改行する場合はBRタグを使いましょう。


ただ、1行ごとに段落わけのPタグばかりを使ってしまうと、多少間の抜けた感じになりますので、適度な文章量で段落わけした方が読みやすいです。

例えば、このように1行ごとにPタグを記入した場合、空白ができてしまいます。

1行ごとに段落分けをするのではなく、2〜4つ程度の文で、意味のあるブロックごとにまとめながら記入すると、内容的にもわかりやすくなります。

html の書き方には、古い形式(HTML 4.01など)や新しい形式(xhtmlなど)によって違いがありますが、xhtml では<br>タグを<br />と記述するのが一般的です。ただ、どちらで記入しても、たいていのブラウザではきちんと反映されますので、あまり気にする必要はないかと思います。


ちなみに、ホームページではなく、無料ブログなどでhtmlを使用しながら記事を作成する場合は、エンターボタンを押すたびに自動的にbrタグが挿入されるので、自動改行設定を無効にしてから記入しないとうまく表示されません。

例えば、シーサーブログの場合は、自動改行設定を無効にすると、htmlタグの記入が有効になります。

FC2無料ホームページの場合も、ソースのボタンを押して自動改行を無効にする必要があります。

改行タグ二つで段落分けと同じ表示になりますので、必ずしもPタグを使用する必要はないと思いますが、スタイルシートで微妙な行間を調節することができるので使ってみると便利です。

戻る:サンプルHPのカスタマイズ方法

次へ:リンクのhtmlタグ a href