検索エンジンに登録申請をしましょう

SEO対策をする目的は、検索エンジンの検索結果で上位に表示されてアクセスアップにつなげることです。

けれども、サイトがグーグルやヤフーなどの検索エンジンに登録されていなかったら、下位に表示されることすらありません。HPを作成したあとは検索エンジンにインデックスしてもらえるよう、サイトの登録申請をしておくとよいでしょう。

グーグルやBingへの登録申請先

検索エンジンはリンクをたどってページをインデックスしていくので、あたなのホームページが他サイトからリンクされていたら、いずれはインデックスされるとは思います。

けれども、ポータルサイト機能のある無料ブログサービスとは違い、ホームページの場合は巡回経路も限られているため、直接、検索エンジンへ登録の申請をしておくとよいでしょう。

2010年までは、ヤフーも独自の検索システムであるYST(Yahoo Search Technology)を採用していましたので、それぞれ別に登録する必要がありました。

けれども、2010年から日本のヤフーはグーグルの検索システムを採用していますので、ヤフーのホームページで検索する際も実際はグーグル検索を利用している形になります。
なので、広告以外の検索結果についてはどちらもほぼ同じになります。

日本ではグーグルの検索シェアが圧倒的多数を占めていますので、サイト登録をするのはグーグルだけでもよいとは思いますが、世界的にはBingなどもある程度のシェアがあるため、一応はマイクロソフトのBingにも登録しておくとよいでしょう。

また、サイトマップを送信することでもインデックスを要請することができます。sitemap.xmlのファイルを作成し、グーグルのウェブマスターツールなどを使って送信すれば、サイト内のページをインデックスしてもらえるよう、申請することができます。

グーグルにページが登録されているかどうかを確認するためには、「site:ドメイン名」で検索すると確認することができます。

例えば、当サイトの場合、「125件」がヒットしますので、125ページがインデックスされているようです。

ただ、深い階層のページや新規のサイトの場合は、全てのページがインデックスされるとは限りませんので、気長に運営していくことをおすすめします。

SEO対策でアクセスアップへ戻る