ニフティの無料ホームページが2016年にサービス終了

1999年から運営されていたニフティーの無料ホームページサービス「@homepage」が、2016年9月29日にサービス終了となります。

@homepage 終了

この@homepageは、一般ユーザー向けではなく、ニフティーでプロバイダ契約をしている接続会員向けに提供されていたサービスですので、使用したことがない人も多いかもしれません。

けれども、@homepageは老舗の無料ホームページサービスで累計60万サイトが開設されており、現在でも約17万件のサイトが存在しています。このうちの大部分が、2016年9月29日のサービス終了とともに消滅するとみられております。

有名なところでは俳優・阿部氏のホームページも@homepageで開設されており、日本を代表する俳優でありながら、素朴な作りのホームページがたびたび話題となることもありました。

阿部寛のホームページ

この「@homepage」では以下のURLが提供されています。

http://homepage1.nifty.com/アカウント名/
http://homepage2.nifty.com/アカウント名/
http://homepage3.nifty.com/アカウント名/

現在のところはこれらのURLを使い、「site:URL」で検索すれば、どのようなサイトが存在しているのかをチェックすることができます。

site:http://homepage1.nifty.com/ 約514,000件
site:http://homepage2.nifty.com/ 約748,000件
site:http://homepage3.nifty.com/ 約785,000件

インデックス数が合計で約180万件程度あると思われますが、これが9月29日のサービス終了とともにサイトが削除されると、検索エンジンからも順次削除されていくと考えられています。

上記の検索でヒットするサイトを閲覧してみますと、すでにニフティー後継サービスを利用して運営している人も多いようですが、自分で独自ドメインを取得して他社のレンタルサーバーへ移転して運営している人も多いようです。

@homepageでは301リダイレクトによる転送設定ができない

この@homepageからホームページを移転する際、本来なら旧サイトのhtaccessに301リダイレクト設定をして新サイトへの転送をするべきなのですが、9月29日にはサイトが削除されてしまうのでこの方法を使うことができません。

ただ、ニフティーの後継サービスとして「@niftyホームページサービス ミニ」が無料で用意されており、こちらを利用する場合は転送ページとなる「移転通知の設定」が2018年3月29日まで利用できるようです。

ですので、旧サイトのURLにアクセスした際の「404 Not Found」を回避するには、後継サービスの「@niftyホームページサービス ミニ」に申し込んで「移転通知の設定」をするより他ないものと思われます。

ただ、この移転通知の設定についても、301リダイレクトではなく、単なるメタタグでのリフレッシュなのではないかと思われます。上記のsite検索で既に移転通知機能を利用しているサイトを見てみましたが、たいていは10秒リダイレクトになっておりました。

この場合、何が問題かというとステータスコードで「200 OK」が返ってしまうことです。検索エンジンへ明確に移転を通知するには、「301」を返さなくてはいけませんのでこれではかなり不十分です。メタタグリダイレクトでも、せめて「0秒リダイレクト」なら301と同等とみなされる傾向がありますが、10秒はかなり微妙かと思います。

旧サイトへ貼られていた被リンクや運営年数などを新サイトへも引き継ぐためには、htaccessによる301リダイレクトを設定する必要がありますが、メタタグでの10秒リダイレクトではどこまで引き継がれるのかは疑問があります。

このような無料サービスが終了する場合、htaccessでの301リダイレクトによる転送ぐらいはしてほしいものですが、技術的にできないのか、あるいは後継サービスにユーザーを囲い込みたいためにあえてしないのか、このあたりはよくわかりませんが、たいていは転送設定ができずにサービスが終了してしまう傾向が多いです。

いずれにしましても、無料ホームページや無料ブログサービスを利用する場合、このようなリスクがありますので、独自ドメインとレンタルサーバーを利用して運営されることをおすすめします。

ただ、今からニフティーで独自ドメインを取得して新サイトを作成したとしても、独自ドメインを使用した場合はこの「移転通知の設定」は指定できないようなので、おそらく一旦は後継サービスの「@niftyホームページサービス ミニ」にて無償で提供されるURLを利用するよりほかないのかもしれません。

もし、どうしても独自ドメインを使用したい場合には、とりあえずは無料の「@niftyホームページサービス ミニ」に申し込んで「移転通知の設定」を利用し、さらにそこから独自ドメインとレンタルサーバーへ301リダイレクト設定するのが最良の方法かと思います。