独自ドメインの設定方法

取得したドメインをレンタルサーバーで使用する際、まずはドメイン側でネームサーバーを指定する必要があります。これはDNS設定といわれることもあります。

手順は以下のとおりです。

① 契約したレンタルサーバーのネームサーバーを確認
② 取得したドメイン側で①で確認したネームサーバーを設定
③ レンタルサーバー側でドメインを設定し、公開するフォルダを指定
④ フォルダ内にindex.htmlページを作成

たいていはこれでドメインが使えるようになります。

①使用するネームサーバーの確認方法

契約したレンタルサーバーのネームサーバー情報は、たいていは契約後に通知されてくるメールに記載されています。もしくは管理画面やヘルプページ、マニュアルなどを確認すれば、必ずどこかに記載があるはずです。

・エックスサーバーでの例 (メールなど)

・さくらインターネットでの例 (管理画面など)

・ヘテムルでの例 (ヘルプページなど)

・ロリポップでの例 (マニュアルページなど)

ネームサーバーは2つのケースが多いですが、3つ、4つのケースもあります。
また、ネームサーバーのIPアドレスも表示されているケースがありますが、そちらは特に必要ありませんので、URLで指定するようにしましょう。

②取得したドメイン側でネームサーバーを設定

次に、取得したドメイン事業者の側で、①で確認したネームサーバーを設定します。

・バリュードメインの場合

・ムームードメインの場合

・お名前ドットコムの場合


もし、ドメインとレンタルサーバーの契約を同じ会社でしている場合、利用しているサービスを選択するだけで簡単に設定できるケースが多いです。

例えば、ムームードメインとロリポップは共にGMOペパボ株式会社のサービスですので、ロリポップで使用するを選択すればOKです。

ただ、別々の会社で契約していても、単にネームサーバーを指定すればいいだけですので、特に難しいということはありません。

③レンタルサーバー側でドメインを設定し、公開するフォルダを指定する

次に、レンタルサーバー側で利用するドメインを登録します。

設定後、たいていは公開するフォルダがそのドメイン名で自動で作成されますが、自分でフォルダを作成してから設定するケースもあります。

・ヘテムルでの例

例えば、homepage-tukurikata.comを登録すると、「homepage-tukurikata.com」というフォルダが自動で作成されます。

レンタルサーバーによって違いがありますが、一般に「homepage-tukurikata.com」などのフォルダ内に、ホームページファイル用のpublic_htmlフォルダやメール用のフォルダ、あるいはアクセス解析のログを収納するフォルダなどに分かれているはずです。

htmlやcssなどのホームページファイルについては、「public_html」や「www」、「html」、あるいは「httpdocs」といったフォルダにアップロードしますが、サーバー会社によって違いますので、ヘルプページなどを確認してみるとよいでしょう。

設定後、ファイルマネージャーで「public_html」などのフォルダ内を確認してみますと、トップページとなるindex.htmlページも一時的に自動で作成されているはずです。ドメインの設定が反映されると自動で作成されたこのindex.htmlページの内容が表示されることになります。

この自動で作成されたindex.htmlページは削除するか、上書きして自分のホームページファイルをアップロードするようにしましょう。

1部、バリュードメイン運営会社による「コアサーバー」や「XREA」については、同期設定などで多少難しいかと思います。こちらのページをご参考に設定されることをおすすめします。
コアサーバーやXREAのドメイン設定方法

④フォルダ内にindex.htmlページを作成

フォルダ内には自動でindex.htmlページが作成されることが多いですが、そちらは一時的なものなので、そちらの方は削除して自分で作成しておくことをおすすめします。テンプレートなどを使って、サイトのトップページだけでも作成しておくとよいでしょう。

すべての設定が終わった後、自分のドメイン名にアクセスしてみて確認することになりますが、設定が反映されるまでにはある程度の時間がかかります。
たいていは半日も経過すれば反映されるケースが多いですが、場合によっては2~3日、もしくは1週間程度かかる場合もあります。

設定が反映されると、作成したindex.htmlページの内容でサイトが表示されます。

設定が反映されるまでの時間について

個人的な印象では、新規に取得したドメインの場合は反映がわりとはやいです。
けれども、既に取得しているドメインのDNS設定を変更する場合などは、以前のネームサーバーの情報が残っていて時間のかかるケースもあるようです。

数分で反映されることはまずありませんが、数時間から半日程度で反映されるケースは割と多いです。1日も経過すれば、たいていはほぼ反映されているかと思います。新規に取得したドメインで1週間もかかるケースは極めてまれです。

もし2~3日経過しても反映されない場合は、もう一度、設定内容を確認してみることをおすすめします。

この確認方法についてですが、whois情報を確認すると設定されているネームサーバーの情報も載っていますので、そちらが正しいかどうかをまずは確認してみましょう。もし間違っていたら、ドメイン側で正しい情報に修正します。(※②の箇所を参照)

このwhois情報の確認については、バリュードメインなどでの「WHOIS検索」などを利用するとよいでしょう。

例えば、こちらは当サイトのwhois情報ですが、ネームサーバーなどの情報も確認することができます。

もしwhoisで表示されているネームサーバーの情報が正しければ、レンタルサーバー側での設定の方が間違っているはずです。ヘルプを参照してもう一度確認してみるとよいでしょう。(※③の箇所を参照)

それでも特に間違っていない場合は、単にまだ設定が反映されていないだけです。
ルータを再起動して見ると表示されるケースもありますが、1週間ぐらいも待てばたいていは表示されますので、気長に待つとよいでしょう。

上記については取得したドメインで表示する「ホームページ」の設定方法になりますが、自分のドメインで「メールアドレス」も利用することができます。独自ドメインで使うメールアドレスの設定方法につきましては、こちらのページをご参照ください。