無料ホームページとは?

ホームページを作成するには、「ドメイン」と「ホームページスペース」を自分で用意する必要があります。けれども、fc2ウェブやジオシティーズなどの無料ホームページスペースで作成すれば、これらを無料でレンタルして作ることができます。

このドメインというのはサイトのURLのことで、ホームページスペースはHTMLやCSSファイルを格納しておくサーバースペースになります。通常なら年間で数千円ぐらいの費用がかかるものの、無料ホームページを利用すると費用をかけずに作ることができます。


有名な無料ホームページには次のようなサービスがあります。

  • ヤフージオシティーズ
  • FC2WEB
  • 忍者ホームページ
  • インフォシーク
  • アットニフティ

これら無料ホームページスペースの比較情報についてはこちらをご参照ください。
無料ホームページスペース比較

けれども、無料で利用できる分デメリットもあり、広告が表示されたり、利用目的に制限のあるのが一般的です。

無料ホームページの特徴

  • 広告が表示される
  • アフィリエイト・商用利用などに制限がある
  • ドメインの所有権は運営会社にある為、移転や売却の自由がない
  • コンテンツ内容の制限(情報商材や成人向けなど)

ですので、サークルの活動や趣味で楽しむホームページなら十分に機能するとは思いますが、利用するサービス会社の「サブドメイン」や「サブディレクトリ」での作成になりますので、企業ホームページなどの用途には向いてません。

商品を販売する企業サイトの場合は個人情報もかかわってくるので、SSL対応などのセキュリティー機能の充実した有料のレンタルサーバーで、co.jpなどの独自ドメインを取得して作成することをおすすめします。

無料ホームページスペースが運営終了となってしまうリスク

無料ホームページスペースの場合、資金面などで運営会社がサービスの提供を終了してしまうこともあるので、そこで作っていたサイトが削除されてしまうリスクがあります。

例えば、運営会社がサービスを終了するとなった場合、たいていは数か月前ぐらいに以下のような告知がされることになります。

「200X年何月何日を持ちまして、無料ホームページサービスの提供を終了することになりました。何月何日以降はサイトが表示されなくなりますので、何卒ご了承ください。」

そして、200X年何月何日、今までのURLにアクセスしてもサイトが表示されなくなります。

「404 Not Found ご指定のURLは見つかりませんでした。」

こうなってしまっては、バックアップしておいたファイルを元に、別の新しいURLでサイトを作成し直したとしても、他サイトから参照されていたリンクが無効となってしまうため、検索エンジンではまったくヒットしなくなります。

結果として、アクセス数が大幅に減少してしまうのが一般的です。もし、そのサイトで毎月の広告収入があったとすれば、アクセス数の減少でサイト収入も途絶えてしまうことでしょう。

これは無料ブログやSNSの場合でも同じことがいえますが、URLやサーバースペースを借りて作る場合は「無料レンタルサイト」と呼ばれており、運営会社がサービスの提供を終了するとなった際にサイトが消失してしまうリスクがあります。

昨今、アメリカのヤフージオシティーズがなくなってしまいましたが、サービス会社が運営を終了すると、サイトを閉鎖せざるを得なくなってしまうケースが多いです。

サイトのURLはドメインを取得した人にしか管理の自由がない

一方、自分でドメインを取得してURLを確保しておけば、レンタルサーバー会社は世界中に膨大な数がありますので、他のサーバー会社で契約して自由に移転することができます。

たとえ利用しているサーバー会社が運営を終了するとなった場合でも、別のサーバーを契約してファイルをアップロードしなおし、そちらにドメインのURLを設定しなおせば、これまでと同じようにサイトが表示されます。

この場合、これまでと同じURLを使用することになるため、そのURLへ貼られているリンクが途切れることがなく、検索エンジンでも同じようにヒットするはずです。

サーバースペースやホームページファイルはいくらでも代替が利きますが、URLとなるドメインだけは取得した人にしか管理の自由がないため、一般的にはドメインの取得者がそのサイトの所有者ということになります。

  • ドメイン(URL):世界でひとつだけのオンリーワン
  • ホームページスペース:無数のレンタルサーバー会社がある
  • ホームページファイル:コピーでいくらでも複製が可能

そのような意味で、できるだけ自分でドメインを取得し、レンタルサーバーを契約して作ることを当サイトではお勧めしております。

もし、無料ホームページを利用される場合には、このようなメリットとデメリットを押さえた上で作り始めるとよいでしょう。