よく更新するホームページはCMSで作成

無料ホームページスペースでは導入することができませんが、レンタルサーバーでホームページを作成する場合には、CMSをサーバーへインストールすると更新作業がとても楽になります。

このCMSは「コンテンツ・マネージメント・システム」の略称で、文章や画像といった様々なコンテンツを効率よく管理するためのシステムのことを指しています。htmlタグなどの入力は一切必要なく、直感的にウェブサイトを構築することができます。

代表的なCMSには「WordPress」や「Movable Type」などがありますが、いずれもレンタルサーバーなどに設置して、ウェブ上で作業するサーバーサイドのツールになります。

例えば、ホームページのサイドバーに広告を差し込みたいとします。

この場合、通常のホームページの場合ですと、ファイルマネージャーで全てのファイルのサイドバーの箇所を編集しなくてはいけませんが、サイトのページ数が多ければ多いほど、その更新作業は膨大で手間のかかるものになります。

一括でファイルを置換できるツールなどもありますが、複雑な置換作業をするには慣れやコツも必要になりますので、初心者には困難な傾向があります。

一方、CMSを使用してホームページを管理する場合、サイドバーの箇所を編集するだけで自動で全てのファイルを再構築してくれます。特に、数百ページ単位の大規模なウェブサイトを構築する際に、CMSは必須のツールといえるかもしれません。

CMSでホームページを作成するメリットとデメリット

この更新のしやすい、大規模なウェブサイトを構築するためのCMSツールにもいろいろありますが、人気のツールには「WordPress」と「Movable Type」があります。

両者の違いでいいますと、「WordPress」の場合はアクセスがあるたびにそのページが作成される動的なホームページであるのに対し、「Movable Type」の場合は、実際にhtmlやcssのファイルを実際にサーバー内に作成した上で、アクセスがあるたびにそのページを表示する静的なホームページになります。

通常のホームページの場合も、htmlやcssを作成してサーバーにアップロードし、アクセスがあるたびにそのファイルが読み込まれて表示されるため、こちらも静的なホームページといえます。

そういった意味で、すでにhtmlやcssを手打ちでサイトを作っている方にとっては、どちらかというと、静的なページが出力されるMovable Typeの方が直感的には理解しやすいかもしれません。

ただし、どちらもhtmlタグを直接編集する必要はないので、それほどの違いはないです。

CMSサイト → タグの知識:不要

  • Movable Type(サーバー上に設置、静的サイト)
  • WordPress(サーバー上に設置、動的サイト)

HTMLサイト → タグの知識:必要

  • タグ手打ち(パソコン上で作成ののちアップロード、ツールなし、静的サイト)
  • タグ手打ち(ファイルマネージャー上で作成、ツールなし、静的サイト)
  • ホームページ作成ソフト(パソコン上に設置、ツール上で作成、静的サイト)

CMSを利用する際、無料・有料のテンプレートを豊富に利用できる点と更新のしやすさがメリットともいえますが、細かい点までカスタマイズするにはCMSツールではやはり限界があります。

例えば、特定のページのみのレイアウトを個別に変更したい場合、CMSツールの設定では難しいこともあります。CMSは大規模なサイトでも一括で管理できる点ではメリットがありますが、1部のページのみ個別にそれぞれ対応するには困難な面があります。

一方、タグを直接手打ちして作成する場合、そのページのHTMLとCSSを直接編集してしまえばそれで済むことですので、個別にカスタマイズすることができます。

そのような意味で、htmlタグの知識がある方にとっては、CMSではかえって使いにくい面もありますので、そういう面ではデメリットともいえるでしょう。

実際のCMSのインストール方法については、こちらのサイトでMTを格安レンタルサーバーのxreaに導入した際の手順をメモしておきましたので導入の際の参考にして頂けると幸いです。
MTブログ(Movable Type)の作り方

ちなみに、これらのMovable Typeやワードプレスを利用するには、サーバー側でデータベースを利用できる環境が必要ですので、無料ホームページでは作成することができません。CMSを利用する際には、データベース利用可能なレンタルサーバーかどうかを確認されることをおすすめします。