ロリポップ!のレンタルサーバー

ロリポップは女性や学生の利用者が多い格安レンタルサーバーです。
ホームページを作る知識があまりなくても分かりやすいマニュアルが充実しているため、初心者でもホームページを作りやすい環境が整っています。

ロリポップ!

また、当ホームページでご紹介している無料ホームページサンプルを利用しても、簡単に作ることができました。

このロリポップは以前まではマルチドメイン対応ではなかったため、実際に利用してみると少し割高なイメージもありました。けれども、現在ではマルチドメインにも対応しているのでとても利用しやすくなっています。

ロリポップの料金プラン

  • エコノミー - 100円〜 マルチドメイン20
  • ライト -  250円〜 マルチドメイン50
  • スタンダード(旧チカッパ) - 500円〜 マルチドメイン100

月額100円からの格安の料金設定ですが、いずれのプランでも初期費用が1,500円かかります。キャンペーン中は初期費用が半額に設定されていることも多いのでチェックしてみるとよいでしょう。

最安のエコノミープランでも、サーバーの容量が 10GB ありますので、通常のホームページを作成する分には使い切ることはほぼないかと思います。

けれども、このエコノミープランではデータベースの「SQLite」は利用できるものの、「MySQL5」は利用できないため、「WordPress」などのCMSを利用して作成する際には上位プランの「ライト」か「スタンダード」を利用されることをおすすめします。

ほか、ビジネス用に最適な「エンタープライズ」もあり、こちらはマルチドメインと転送量が共に無制限となっており、月額2,000円〜、初期費用3,000円で利用できます。

このロリポップはGMOペパボ株式会社の運営になりますが、ほかにもさらにワンランク上の「ヘテムル」もあり、そちらの方もおすすめです。

ヘテムル

オリジナルのファイルマネージャーで使いやすい

ロリポップは、一般的な無料ホームページスペースと同じように、ウェブ上でのHTML編集やFTP接続によるアップロードに対応しています。

ファイルマネージャーは海外製のcPanelなどではなく、オリジナルの編集画面なので日本語に対応していて使いやすいです。このファイルマネージャーを使用する際は「WEBツール - ロリポップ!FTP」の箇所から利用できます。

ロリポップの管理画面

CMSの利用はライトプラン以上から

「エコノミー」プランではデータベースが使えないため、CMSはインストールできませんが、「ライト」か「スタンダード」では、サーバーにMovableTypeやWordPressなどのCMSをインストールして、そちらの管理画面でブログを作成することもできます。

また、GMOペパボ株式会社が運営している無料ブログサービスにJUGEM(ジュゲム)があり、これとほぼ同じ仕様の「ロリポブログ」という独自の付属ツールもあり、 そちらの方でもブログを作成することが可能です。

ロリポップのサブドメインの選び方

独自ドメインを取得しないでホームページを作成する場合、デフォルトで提供されるサブドメインを利用して作ることになりますが、サブドメインが80種類以上もあるので選ぶのに迷うかと思います。

もちろん、好きなのを選べばよいのですが、どのサブドメインで作ろうか迷った際には、「site:ドメイン名」で検索してヒット件数の多いものを選択されることをおすすめします。

例えば、「site:lolipop.jp」と「site:pecori.jp」をグーグルで検索してみると、前者が約79万件に対し後者は約2千件程度となっています。一概にはいえませんが、ドメインの年齢やインデックス数などからいえば、どちらかというと、lolipop.jpのドメイン力の方が強い印象があり、そちらで作った方が検索ではヒットしやすいかもしれません。

けれども、そのドメインで検索してみて、似たようなテーマでホームページがすでに作成されている場合には、ほかのサブドメインを選択した方がぶんかと思います。これは検索エンジンが同一ドメイン内で複数のサイトを表示しないようにしている傾向があるからです。

いずれにしても、提供されるサブドメインではなく、できるだけ自分で独自ドメインを取得して利用されることをおすすめします。

個人向け格安レンタルサーバー

法人向けや独自ドメインの取得